生姜で内側からポカポカ! 冷え性には生より乾燥生姜がオススメ?!

生姜で内側からポカポカ! 冷え性には生より乾燥生姜がオススメ?!

体を温める食べ物として有名な生姜。実は生姜は「生の生姜」・「乾燥生姜」でそれぞれ効能の違いがあるのをご存じでしょうか?そこで、今回は体の内側からポカポカ温めてくれる、冷え性に効果が期待できる生姜の摂り方をご紹介します。

冷え性に抜群!冬をのりきる「乾燥生姜」の効能とは?!

生姜は、食用のみならず薬用としても、古くから親しまれている身体に良い食材です。寒くなるこの時期、体を温めるために生姜を食べるという方も多いのではないでしょうか?しかし、生の生姜と加熱した生姜とでは、効能が全く異なります。その違いをチェックしてみましょう!

【生姜は「生」と「乾燥」で効能が違う!】
<生の生姜>
生姜にはジンゲロールという成分が入っており、辛味のもとになる成分です。ジンゲオールは体の末端、手先足先の血管を広げる働きがあり、体の中心に停滞している熱を手足の末端に送る作用があると言われています。

生の生姜では、末端部分の冷えを一時的に解消することはできますが、体の中心温度は下がってしまうので、体を芯から温めたことにはならず、かえって体を冷やしてしまいかねません。

また、体温を一気に上げるので汗が出ます。そして、その汗で熱が下がりますので、結果的に体を冷やし、長時間温め効果も持続しません。つまり、風邪で熱があるときは、発汗を促し、解熱効果の期待ができますが、冷え性対策には向いていないのです。

<乾燥生姜>
冷え性に効果的なのは、実は乾燥させた生姜の方です。ジンゲロールは、熱を加え乾燥させると、ショウガオールという成分に変わります。ショウガオールは体の芯を温め、体の末端部分まで全身に温かい血液が巡り、冷えが改善されるようになります。ショウガオールという成分が血行を改善し、体を芯からじっくり温めることで、慢性的な冷え性に効果が期待できると言われています。

ショウガオールは、一般的な漢方薬としても用いられています。ショウガオールで血流がよくなり、冷えが改善されると、脂肪燃焼の効率アップも期待できます。

簡単に作れる!乾燥生姜の作り方とオススメの摂り方

それでは早速、乾燥生姜の作り方・保存方法・おすすめの摂り方のご紹介です。

【乾燥生姜の作り方】
<下準備>
生姜は水洗いして、皮付きのまま繊維に沿って1ミリ程度の輪切りにします。

<電子レンジで作る場合>
1.スライスした生姜を耐熱皿に重ならないように並べます。
2.電子レンジ(600w)で1〜2分加熱します。
3.上下を返し、さらに1〜2分加熱し、しっかり乾燥させます。

<オーブンで作る場合>
1.スライスした生姜を天板に重ならないように並べます。
2.80℃~100℃で約1時間加熱する。黒っぽくなって甘い匂いがするのが目安です。しっかり乾燥させましょう。

<天日干しで作る場合>
1.スライスした生姜をざるに重ならないように並べ、天日干しします。2、3日で乾燥生姜ができます。冬は室内干しでも可です。

【保存方法】
清潔なガラスの密閉容器などに入れ、必ず室温で保存をしましょう。湿気に弱いので乾燥剤も一緒に入れるとより保存状態がよくなり長持ちします。冷蔵庫に入れてしまうとショウガオール効果が薄れてしまうので気を付けましょう。保存期間目安は約1ヶ月です。

【おすすめの摂り方】
みじん切りにして料理に使ったり、フードプロセッサーで粉末状にしてパウダーにしても使いやすいです。みじん切りは中華料理や煮物などに、パウダーは紅茶やハーブティー、味噌汁、スープ、鍋などにそのまま入れ、手軽に摂取することができます。摂取量目安は1日10g程度、スライスだと5〜6枚、粉末やみじん切りだと小さじ2杯程度です。

食べ過ぎると胃に負担がかかるので適量摂取を心掛けましょう。また、生姜には止血作用を弱めるとも言われています。止血剤を飲んでいる方は医師に相談した上で摂取をしましょう。

いかがでしたか? 乾燥生姜は作り方もとても簡単で、保存も効くので時間があるときに作って、飲み物や料理に日常的に取り入れ、これから寒さがどんどん厳しくなる季節に備えてみてくださいね。

 Profile
<執筆>
藤井 瑠美(ふじい るみ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・栄養士・フードコーディネーター・フィンガーフードプロフェッショナル・1児の母として子供の才能を開花させる食を提案している。
ブログ:https://ameblo.jp/comfort-food-made-health

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事