メイクを落とさず眠るとお肌はどうなる?老け街道まっしぐらを防げ!

メイクを落とさず眠るとお肌はどうなる?老け街道まっしぐらを防げ!

女性にとって毎日にメイクは欠かせません。仕事に行くにも、遊びに行くにも、飲みに行くにもほとんどの人がメイクして行くでしょう。夜、疲れ切って気がついたらメイクも落とさず朝を迎えていた、なんてことも。肌のダメージはどの程度のものなのでしょうか?

メイクを落とさず眠るとお肌はどうなっちゃうの?

メイクを落とさずに眠る。少しの罪悪感に加え、お肌には確実にダメージが蓄積されてしまいます。メイクを落とさないとお肌にどんなことが起きるのか、詳しく見ていきましょう。

まず、ファンデーションなどに含まれる油分のほか、顔の皮脂が酸化して活性酸素を作り出します。これは、お肌にとって刺激物となり、シミやシワのほか、くすみなどお肌の老化が進む原因になりかねません。

微生物の温床となり、顔ダニが増殖する恐れもあります。お肌のターンオーバーも乱れてしまい、ニキビなどの肌トラブルがなかなか治りにくくなります。

メイクを落とさずに眠ることは、お肌にとってとても大きいダメージにつながるのがわかりますね。

メイクを落とさず眠ってしまった!丁寧な対処でお肌の老化を最小限に!

言わずもがなメイクを落として眠るのが最善ですが、それでも疲れ切ったときにはやってしまうこともありますよね?そんな時は、朝いつも以上に念入りにメイクを落とすように心がけましょう。

まずはいつもよりもクレンジング剤を多めにとって、やさしく汚れを落としましょう。32〜36度のぬるま湯で、力を入れないようじっくりと。

クレンジング剤を洗い流したら、洗顔料を泡立てて、顔を泡で包むようにして洗います。最後はホットタオルを顔にあてて、血行を促します。

そのあとは、コットンなどに化粧水を含ませたらお肌に浸透させていきます。2〜3分お顔に貼り付けておくと効果的です。そして美容液やクリームで水分を蒸発させないように閉じ込めます。

その日は、できるだけメイクをしない方がいいですが、メイクをする場合は、お肌の負担も考えて薄めに抑えましょう。そして夜はしっかりメイクを落として、早めに眠るように心がけましょう。

メイクを落とさずに眠ることは誰でもやってしまいます。問題はそこからのスキンケアを丁寧にできるかどうかです。お肌の老化を加速させないためにもしっかりと対策していきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事