小荷物派さん注目!便利なお直しコスメ~GINGER読者のリアル報告

小荷物派さん注目!便利なお直しコスメ~GINGER読者のリアル報告

GIINGERのサポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声...

GIINGERのサポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声とともにお届けする連載! 今回のテーマは、少ないアイテム数で叶えるお直しコスメ。忙しい合間を縫って化粧直しをする働く女性にとって、いかに時短で、かつキレイにお直しできるかは重要事項です。そこで、今回はマルチに使えて、顔印象を格上げしてくれるお役立ちコスメをご紹介します。

【永瀬愛美さん/写真左】お化粧直しに欠かせない!お守り的コスメ

普段の荷物が少ない方なので、ポーチの中もおのずと少なめなのですが、絶対に持ち歩いているのは、シャネルの3色パレット/ラデュレのパウダーファンデ/リップクリーム/リップ2本です。リップクリームとリップはその日の気分や血色、服の雰囲気で変えているので今回は省略して、特に平日に愛用しているシャネルの3色パレットとラデュレのパウダーファンデをご紹介します。

シャネルの3色パレットは、少し前のGINGERのお直しメイクの企画を見て購入したものです。コンシーラー・ハイライター・リップ&チークがセットになっているもので、使っている方や見たことあるという方も多いのではないかと思います。

色は今年の春に発売された限定色を使用。少し明るいトーンのものを使っていますが、平日は特に午後になると顔のトーンが落ちてしまう年頃なので、このくらいの明るさが結構使えます!

ラデュレのパウダーファンデーションは、今年の秋に新発売になったもの。サイズがとても小さくて、お直しにぴったりです。色を選ぶときにもうひとつ明るい色を勧められたのですが、“蒼白さ”を作れると話題のシリーズなので、白浮きを懸念して、あえて素肌の色に近い色を選びました。

お直しの手順は極シンプル。まず、余計な皮脂をティッシュオフした後に、乾燥がひどいと感じる日は無印良品やシュウ ウエムラの化粧水ミストをサッと顔に振り、手でプレスして肌を落ち着かせます。

そのあとに、シャネルの3色パレットのコンシーラーで肌のムラや赤みをカバーしますが、カバー力が高いので、軽くたたきこむようにして薄付きにするようにしています。
そして、パフに軽くとって手の甲で量を調節したラデュレのパウダーファンデは、Tゾーンを中心に軽く置くようにオン。そして3色パレットのハイライトを鼻筋や顎先にのせると、パウダーで作った落ち着いた肌に立体感と艶めきが出ます。

あとはリップを塗って出来上がりで、チークは退勤するまで特に足さないようにしています。

ちょこっと席を立って化粧室に駆け込んでも、お直しの時間は5分程度しか取れないので、肌が復活した雰囲気になればOKと決めて、サクッとお直しています。

そうそう、最近ドルガバのクリームフェイスカラー(ハイライト)も購入したのですが、塗れたような自然なツヤ感が作れる優れもので、普段の持ち歩きコスメに昇格寸前です♪

美GINGER No.026 永瀬愛美
元キャスターで、現在は商社勤務。ブログを10年書き続けており、ファッション・グルメ・コスメの話には事尽きないほど。信条は「迷ったらやってみる!」、等身大のOLライフを楽しんでいる。インスタグラムはこちら

【本町彩織さん/写真中央】サッとバッグにイン!血色感をUPする三種の神器

朝バッチリメイクをしていても午後になるとどこかくすんできたり、血色が悪くなったりしますよね。化粧が崩れているわけではないけれど、どこか朝のベストな状態ではなくなっている・・・、私もそんな悩みを持つひとりです。

なので、外出の際はこれからご紹介する3つのコスメを必ず持ち歩いています。

左から、ブランエトワールのマリップ、クラランスのマルチブラッシュ02番、シャネルのルージュココの444番です。
これらひとつひとつに大切な役割があるので、ご紹介していきたいと思います。

まずひとつ目。

ブランエトワールのマリップは、唇の水分量に合わせて色味が変わるティントタイプのグロス。塗ると少しピリっと感じ、乾燥していた唇がふっくらとし、ひとりひとりに合った肌になじむ色が付きます。
鏡を見ずに片手でサッと塗り直し出来る便利アイテムです。

ふたつ目はこちら。

クラランスのマルチブラッシュ。ミラー付きのクリームチークで、お出かけ中にも指でつけやすいのと、定番のローズ色で日本人の肌になじむ、自然な血色を演出してくれるアイテムです。

そして、最後はこちら。

シャネルのルージュココ。こちらはシャネルで一番人気のある赤で、とても鮮明で一気に印象が変わるので、急な撮影や打ち合わせなど、オフィシャルな場面にぴったりです。これひとつあればスッピンでも人に会うことができる派手色アイテムです。

・鏡無しでサッと塗れる便利アイテム
・肌になじみやすい血色あげアイテム
・これだけあればスッピンでもいける派手色アイテム

ということで、今回は私の必須3アイテムを紹介させて頂きました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

美GINGER No.037 本町彩織
商社で営業事務として勤務で、現在は育休中で一児の母として奮闘中。読者モデルの経験豊富で、親子リンクコーデはお手の物。OLとしても、母としても、女性としても、一生輝き続けられるよう邁進中。美肌づくりには一家言あり。趣味はアイドル鑑賞。インスタグラムはこちら

【武岡真梨恵さん/写真右】これひとつでマルチに活躍するRMKのカラー

持ち歩き用のお直しコスメ、皆さんはどのようなアイテムを使っていますか?

私は普段小さめのバッグを持つことが多いので、荷物は最小限のアイテムしか持ちません。そんな荷物の少ない私がお直しコスメとして重宝しているのがこちら。

RMK マルチペイントカラーズです。チークにもリップにも使える2wayアイテムで、サイズか小さく、手のひらに収まってしまうほどコンパクトです。ポーチに入れても場所を取りません。上面が鏡になっているので、頬、唇など部分的なところをメイクする際に使えます。

このようにスライド式になっていて、片手で扱えます。

お直しの方法は、まず指先に適量取り、頬にポンポンと馴染ませていきます。触った感じはクリーミーですが、肌につけるとサラッとするので、夕方頃のテカってしまう肌も抑えてくれるような気がします。

クリームタイプのチークは、色が馴染まず浮いてしまうものも多いのですが、こちらはサラッと伸びて肌馴染みも良いです。リップとして使うと少しマットな質感になります。

今年の秋冬はセミマットなリップがトレンドと聞くので、今年らしいメイクができるのも嬉しいポイント。

ひとつ持っていると、とっても便利ですよ!

美GINGER No.024 武岡真梨恵
都内でディベロッパーとして勤務。日々トレンドを追い求め、自分磨きをすることで充実した日々を目指す。ファッションはもちろん、新作コスメのチェックにも余念がなく、コスメカウンターのパトロールは欠かさない。趣味はカフェ巡り。インスタグラムはこちら

関連キーワード

関連記事