冬のガサガサ足の裏をつるつるすべすべにする簡単フットケア

冬のガサガサ足の裏をつるつるすべすべにする簡単フットケア

秋から冬にかけて乾燥が気になってくるため、フェイスケアやボディケアに力を入れ始める方が多い中、うっかり忘れがちなのが足の裏のケア。乾燥すると足の裏やかかとに古い角質が溜まってガサガサになりやすいので、早めの対策をしていきましょう。

秋から冬にかけて足の裏がガサガサゴワゴワに…

足の裏は体重を支えているため、刺激や摩擦などがダイレクトに伝わりやすいと言われています。刺激や摩擦といった外的刺激から皮膚を守ろうとして、足の裏の角質がどんどん厚くなっていき、ガサガサしてごわついた肌触りになってしまうというわけなのです。

また、かかとには皮脂腺がないとされているため、水分や油分が不足したり、保湿ケアをしても長時間潤いをキープすることが難しい部分。冬だから…と油断していると、人前で裸足になった時に焦ってしまうこともあるので、ツルツルの足の裏を手に入れておきたいところです。

足の裏は外部からの刺激と乾燥からしっかり守って

ザラザラした足の裏をつるつるの肌にするには、刺激や摩擦に気を付けること・角質ケア・保湿ケアがポイントです。

まず、毎日履いている靴をもう一度見直して靴のサイズやヒールの高さが足に合っているかどうかを確かめてみてください。靴が足に合っていないと、足の裏やかかとが圧迫されて大きな負担がかかってしまいます。特にヒールを履く時に薄手のタイツを履く機会が多い方は、ダイレクトに摩擦が加わりやすいので柔らかいクッションのようなインソールを入れておくのも1つの対策ですよ。

そして足の裏に古い角質が蓄積されていると、ガサガサ肌の原因となるため、古い角質を優しく取り除いていきましょう。足の裏をたっぷりの泡で包み込むように洗ってから湯船に浸かり、硬くなった皮膚を柔らかくしておきます。スクラブを手のひらに取り、足の裏に優しく擦り付けるようにマッサージをするように古い角質を取り除き、きちんと洗い流したらすぐに保湿ケアに取り掛かってくださいね。

保湿ケアは尿素入りのクリームなどを足の裏に塗り込み、ラップを貼ってパックをするとしっとりとしておすすめですよ。保湿ケアのあとは肌に優しい素材でできた靴下を履いて外部の刺激から守ることも大切です。

簡単フットケアでつるつるすべすべの足の裏を手に入れて

秋から冬にかけて乾燥により足の裏がガサガサしやすいため、ボディケアをするついでに足の裏までしっかり保湿しましょう。部屋にいるときには足の裏を冷やさないように保温効果のある柔らかい靴下を履いたり、寝る前にクリームをたっぷり塗り込むだけでもだいぶ変わってくるはずですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事