【恋愛初心者向け】社交辞令? 本気? 男性からのお誘いの見分け方

【恋愛初心者向け】社交辞令? 本気? 男性からのお誘いの見分け方

「今度ご飯行きましょう」などのお誘いを男性から受けたとき、うまく活かせていますか? いいなと思っていても、彼からの連絡を待っているうちに自然消滅……ということも。本気の誘いなのか社交辞令なのか見抜けないと自分からアプローチしにくいですよね。本気度の見抜き方を解説します。

「今度」がついたら社交辞令?

「今度飲みに行こう」という言い方はあまりにも多くの人が使うので、もはや挨拶のような感覚になってしまっていますよね。そのなかでも、「本当に行きたい相手にしか声をかけない」という人もいれば、息をするようにこの言葉を繰り出す人もいるので「これが正解」というのは断定できません。

でも、本気の誘いかどうかはその後の態度で見えてきます。とくに、スムーズに日程が決まるかどうかは、ある程度見極めになりますよ。LINEのやり取りなどでも一見乗り気なようで、具体的な日程の話になると返信が止まる、既読がついてからの返事が妙に遅いなど、急に後ろ向きな態度が見られたら、社交辞令だと判断して間違いありません。

すぐにお誘いがあるかどうか

本気度を見極めるためには、具体的なお誘いがいつあるかどうかでも分かります。その場で「今週末空いてる?」など近い日にちを指定してきたときは、「この子を逃したくない!」と思っている可能性が高いです。もし、数週間~数ヶ月以上経ってから思い出したかのように連絡が来た場合は、他に狙っていた子と上手く行かなくなったから連絡してきたと考えたほうが良いでしょう。

自分からも連絡して反応を見てみる

受け身でばかりいると、LINEを交換したとしてもその後彼から特に連絡なし、という展開になりがちです。かといって、女性のほうから「今日はありがとうございました」と送ったとしても、それも社交辞令に見えてしまうので、誘ってもOKそうだな、と男性が感じるほどには至りません。

「今度行きましょう」の時点ではあくまでも様子見をしていただけの彼も、女性側から「ご飯、いつ行きますか?」など具体的にアクションを起こされれば「あ、本当に誘っても嫌がられなさそうだな」と好意に気付いてくれます。そこでスルーされるようならこちらもそれ以上踏み込まなければ良いですし、彼も本気ならサクサク話が進むはず。

「こちらから連絡しますね」は断り文句の可能性大

興味がない男性から誘われた場合に「行けたらいいですね」「じゃあそのうち」など適当にその場を濁す女性は多いでしょう。そこで食い下がってくる男性に対しては「こちらからまた連絡しますね」と言って逃げるのと同様に、男性から「連絡します」と言われたときはそこまで乗り気じゃないと判断して良いでしょう。

逆に彼が前のめりのときはその場で具体的な日程を決めたがるか、「絶対連絡してね」と女性側からの連絡を強く望む態度を見せてくるものです。どこまで本気かわからないときは、こちらから日程の話題を振って様子を見てみましょう。

関連キーワード

関連記事