リップライナーって必要なの?リップライナーの役割と使い方とは

リップライナーって必要なの?リップライナーの役割と使い方とは

リップメイクをする際にリップライナーは使っていますか?リップライナーを使ったことがない方も少なくないと思いますが、使うことでリップメイクの仕上がりも変わってくるんですよ!リップライナーの役割や使い方を知って、強い味方にしちゃいましょう。

リップライナーの必要性って?リップライナーの役割とは

口紅やグロスなどをリップメイクに使っている方は多いですが、リップライナーはどうですか?使い方や役割もよく分からないし、使用したことがないという方もいらっしゃるかと思いますが、実は使うとリップメイクの完成度がグンと上がるアイテムなんです!

【実は優れもの⁈ 「リップライナー」の役割】
・唇の形を整え、きちんと感を出す
・口紅やグロスのモチを良くする
・口紅やグロスのにじみを防ぐ
・好みのリップラインを作る
・唇の印象を変えることが出来る など

実際に使ってみよう!「リップライナー」の選び方・使い方

様々な役割でリップメイクの完成度を上げてくれる「リップライナー」。大きく分けて3種類のタイプがありますので、仕上げたいリップの印象に合わせて選んでみてください!

【大きく分けて3種類!それぞれの特徴とは?】
<ペンシルタイプ>
芯が硬めで細いラインを描きやすいのが特徴。にじみにくく、はっきりと輪郭を描くことが出来ます。他のタイプに比べて密着するので、モチも良いのも特徴。きちんと感を出したい場合に適しています。

<繰り出しタイプ>
比較的芯が柔らかいものが多く、滑らかなラインを描きやすいので、初心者の方にもオススメ。シャープナーで削る必要がないのも魅力的。

<クレヨンタイプ>
芯が柔らかくて太いので、唇全体を塗りつぶすことが出来、口紅として使うことも出来ます。細いラインは描くことが出来ませんが、ナチュラルに仕上げたい場合に適しています。

【「リップライナー」の基本の使い方】
1. 上唇の山の形を描く(中央から左右へ描いていく)
2. 下唇の底辺にラインを描く(上唇に描いたラインと同じ辺りの直線部分)
3. 口角から上唇の山までをなだらかにつなげる
4. 口角から下唇の底辺をつなげる 
5. 口角の隙間を埋める
6. 描いたリップラインを唇内側に向かってぼかし、リップラインに沿って口紅をつける

【ポイント】
・リップラインを描く時は、一気に描かず、パートを分けて描いていくように。
・上唇の山部分を描く際は、不自然にならないよう、なめらかで自然な曲線になるよう注意する。角ばると不自然な印象になります。
・使用するリップライナーの色は、口紅やグロスに近い色を選ぶ。
・色に迷ったら、肌馴染みの良いピンクベージュがオススメ。

いかがでしたか?リップライナーを使うことで、唇の印象も変わりますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事