乾燥シーズンに突入!冬のお肌の粉吹きは一体どうしたらいいの?

乾燥シーズンに突入!冬のお肌の粉吹きは一体どうしたらいいの?

夏が終わって秋が過ぎ、そして気がつけばあっという間に乾燥の冬へと突入です!ちょっと前まで潤っていたお肌が、最近は粉を吹き始めた!という人も少なくないでしょう。そんな粉吹き肌の対処法についてまとめました!

粉吹き肌はターンオーバーの乱れが原因?乾燥で大事な角質が剥がれちゃう!

夏の紫外線、冬の乾燥。お肌はいつも厳しい環境の中にさらされています。夏は紫外線を浴びないようにするというシンプルな対策でも、冬の乾燥は一筋縄ではいきません。

なかでも乾燥による粉吹きに悩まされる人は多いでしょう。この粉の正体は、乾燥によって剥がれてしまった肌の角質です。顔のみならず、手や肩、腕、さらにはすねなどに多く見られる現象です。

乾燥が続いてしまうと正常なターンオーバーのサイクルが保てずに、まだ剥がれるタイミングでなくても、角質が剥がれてしまいます。

本来この角質によってバリア機能が働き、外部のさまざまな刺激からお肌を守っているのですが、早々と剥がれることで刺激にさらされている状態が続いてしまうのです。

洗い方、紫外線、栄養補給!乾燥による粉吹き肌の予防方法

粉吹き肌を防ぐには、まず角質を傷つけないことが大切です。やりがちなのがお風呂での体の洗い方。ナイロン製のボディータオルでゴシゴシ洗っている人は必要以上に皮脂をそぎ落としてしまい、お肌の乾燥につながりやすい状態です。

特に冬場は泡立てたボディーソープをつけて手で洗うだけでも十分だったりします。さらに、入浴後の保湿ケアはとにかく大切!保湿クリームをやさしく全身に塗って潤いを閉じ込めましょう。

また冬でも紫外線対策は必須です。夏場ほどではないものの、冬でも紫外線は地上へ降り注いでいます。紫外線は乾燥の原因になりますので、冬だからといって油断せずにしっかりとケアしましょう。

また外側からのケアだけでは粉吹き肌を予防するには不十分です。ビタミンCやβカロテンなど、栄養素をしっかり摂り入れて内側から乾燥を防ぐことも大切です。

栄養バランスがとれた食事とスキンケアで、ある程度乾燥は予防することができます。正常なターンオーバーに戻して粉吹き肌とはおさらばしましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事