眠れない時にできるおすすめ対処法!美容のためにもしっかり睡眠を!

眠れない時にできるおすすめ対処法!美容のためにもしっかり睡眠を!

眠りたいのに眠れない。明日は大事な打合せがあるのに!焦ってしまって、かえって目が覚めてしまう。そんなことはありませんか?美容の観点からも十分睡眠を取れないというのはとてもよくありません。そんな夜にできる、おすすめの対処法をご紹介します。

睡眠は美容の味方!眠れない夜に試したいおすすめ対処法

眠りたいのに眠れない。心とは裏腹に、どんどん覚醒してますます眠れなくなることはありませんか?結局満足に睡眠時間が取れずに日中のパフォーマンスが落ちたり、眠くなったり、場合によっては肌荒れがひどく、美容面でもボロボロに!そんな人におすすめの対処法をご紹介します!

まずは夜しっかり眠れる体作りから始めましょう。

朝はしっかりと太陽の光を浴びてください。これによって体内時計がリセットされて、夜になると自然に眠くなるリズムが整えられるのだとか。朝起きたら、まずは窓を開けるなどして太陽の光を浴びましょう。

そして夜は湯船に浸かりましょう。あまり高い温度だと、かえって目が冴えてしまいますので、少しぬるめの温度でじっくり15分程度浸かりましょう。リラックスモードの副交感神経が優位になりやすくなるので、体も眠りやすい状態になります。

さらにストレッチで体をほぐせば、より深い眠りに近付けるでしょう。ほかにもリラックス効果の高いラベンダーなどのハーブティーや、温かいホットミルクなどで気持ちを落ち着かせるもの効果的です。

美容のためにもしっかり睡眠を!スマホをやめて眠りやすい状態を作ろう!

反対に睡眠を妨げてしまう行動もあります。これらをやめることでも効果が期待できるでしょう。

代表的なのが、テレビやスマホ。特にスマホやPCの画面から発するブルーライトはエネルギーが強く、覚醒効果があると言われています。これはブルーライトによって、睡眠を促すメラトニンの分泌が抑制されるためなのだそう。

目と画面の距離が近いことも多いので、より脳も活性化しやすいため、覚醒につながってしまうのです。

できるだけ就寝前の使用は避けることが望ましいですが、どうしても!という人は、アプリや画面の設定でブルーライトを軽減することもできますので、変更してみてください。

たっぷりと睡眠を取れれば美容面でもプラスに働きます。眠れない。そんな夜にぜひ試してみてください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事