衰えるとどうなる?「骨盤底筋」を鍛えると嬉しい効果がたくさん!

衰えるとどうなる?「骨盤底筋」を鍛えると嬉しい効果がたくさん!

内臓や子宮を守ってくれている「骨盤底筋」が衰えると、骨盤が歪んだり、様々な問題を引き起こします。骨盤底筋を鍛えることで、不調が解決したり痩せたりと嬉しい効果がたくさん期待出来るんですよ!早速、骨盤底筋力を向上させましょう。

弱るとトラブルの原因にも⁈ 「骨盤底筋」を鍛えるメリット

「骨盤底筋」とは、骨盤の一番底にあり子宮や下半身の臓器を支える筋肉やじん帯の総称です。この筋力は、加齢や運動不足・妊娠・出産などによって衰えると言われており、衰えることで様々なトラブルの原因にもなります。

【骨盤底筋が衰えるとどうなる?】
■骨盤の歪み
■ボディラインの崩れ
■尿漏れ・頻尿
■下っ腹がポッコリする
■膣が緩くなる など

見た目が悪くなるだけでなく、身体の内側にも悪い影響をもたらすので、骨盤底筋の衰えを放置しておくのは良くありません!では、骨盤底筋を鍛えると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

【骨盤底筋を鍛えるメリットとは?】
◎姿勢が良くなる
◎ヒップアップ効果
◎下っ腹のぽっこり解消
◎尿漏れ・頻尿対策
◎便秘解消
◎ホルモンバランスが整う
◎生理痛の軽減
◎膣の締まりが良くなる など

今は症状がなくても、骨盤底筋は年を重ねると誰でも衰えていきますので、早くから対策しておくことが大切です。

簡単に出来る!「骨盤底筋」を鍛えるトレーニング法

それでは早速、今日からできる骨盤底筋を鍛えるトレーニング法をご紹介します。

【骨盤底筋を今日から鍛えよう!トレーニング方法】

<イスに座ってトレーニング>
1. 背筋を伸ばしてイスに座り、足を肩幅くらいに開く(この時、顔は真っすぐ前を見る)
2. 息を鼻から吸いながら、お尻の穴と膣を締める
3. 下腹の内側に力を入れ、膣口が開げるイメージで、口からゆっくりと息を吐く
4. 締める・緩めるの動作を交互に、10回程繰り返す

<仰向けでトレーニング>
1. 床に仰向けになり、膝を立てる(足は肩幅程度に開く)
2. 膝・骨盤・お腹・肩が一直線になるよう、お尻を引き上げる
3. 腹式呼吸をする時のようにお腹を薄くし、お尻の穴を締める
4. この上下運動を20回×3セット繰り返す

<気が付いた時にトレーニング>
普段からお腹を薄くし、お尻の穴と膣をキュッと締めながら腹式呼吸をするだけでも、骨盤底筋を鍛えるとことが出来ますよ!気付いた時に実践しましょう。

ヒップアップや便秘解消など、女性に嬉しい効果が期待できる「骨盤底筋」の筋力アップ。衰えやすい場所なので毎日鍛え、イイ女を目指しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事