肌のくすみの原因「糖化」は冬に進行する?糖化を「りんご」で予防!

肌のくすみの原因「糖化」は冬に進行する?糖化を「りんご」で予防!

肌は、カラダの状態を正直に映し出してくれる鏡です。カラダの老化の進行具合が、肌の状態として現れてきます。特に、冬は「糖化」が進みやすい時期と言われてます。肌の「糖化」は、毎日の食事や食習慣を気を付けることによって、予防することができます。

肌のくすみの原因「糖化」とは?

体内の余分な糖分がたんぱく質と結びつくことを「糖化」と呼びます。「糖化」によって体内で大量に作られる悪玉物質のことを「AGE(またはAGEs)」と言います。体内で「糖化」が進むと糖尿病、動脈硬化といった病気を引き起こしたり、肌は弾力がなくなり、しわやたるみに繫がることもあると言われています。また、「糖化」することで肌細胞は透明感を失い、黄色くくすんだり、茶褐色に変化したりすることもあります。「黄ぐすみ」と呼ばれるくすみは、まさに「糖化」による老化現象です。

「糖化」が進む原因とは?

それでは、美容の天敵「糖化」が進む原因についてご紹介します。

<糖質の過剰摂取>
糖質の過剰摂取により糖化は進むと言われています。通常でも、血糖値は食事の度に上昇します。口から食べたご飯・パン・麺・ジャガイモ・砂糖などの炭水化物は、体内で消化酵素によって分解されブドウ糖となり、エネルギーとして利用されますが、この糖の数が急激に増えてしまうと血液中で余ってしまい、つまり、血糖値が高い状態になるため、余った糖が体内組織のタンパク質とくっついて糖化反応が進むのだそうです。このように、必要以上に糖質を多く取り過ぎてしまうと、血糖値は上昇しすぎて下降しにくくなり、糖化が起こりやすくなるのです。高い血糖値は糖化の最大の原因と言われています。

<紫外線の影響>
冬は紫外線が弱まるから...と油断していませんか?紫外線は糖化物質を増やすといわれており、冬の紫外線対策が不足すると「糖化」が進むと言われています。

<甘いものの過剰摂取、睡眠不足、運動不足も>
また、糖分そのものは人の体に大切なのですが、過剰な摂取は「糖化」を進めてしまうため、甘い物の取り過ぎは老化を早める原因にもなります。そもそも、加齢とともに耐糖能が低下してしまうのですが、逆に「糖化」を予防することで肌の酸化を遅らせることは可能です。そのほか、睡眠の質が悪い、運動不足も「糖化」を進める原因になります。

これらが要因して、新陳代謝が落ちたり、細胞間マトリックスが保水できなくなり、水分がなくなって乾燥肌になってしまいます。また、肌細胞の血行が悪くなることで、肌のすみずみまで栄養が行き届かなくなることも乾燥肌に拍車をかけると言われています。

「りんご」で抗糖化対策を!

りんごに含まれるリンゴペクチンは体の「糖化」を抑えると言われています。ペクチンとは植物性の水溶性食物繊維で、ジャムやゼリーなどの粘りを出す用途でも使われています。このリンゴペクチンは胃や小腸で消化されずに直接大腸まで届きます。そのため、お通じがよくなったり、ビフィズス菌を増やして腸内環境を整えてくれる作用が期待できます。さらにコレステロール値や血糖値の上昇を抑える効果も期待できます。リンゴは実の部分よりも皮の内側部分に栄養が詰まっており、皮ごと食べるのが効果的です。一日の摂取量の目安としては、リンゴ半分がいいと言われています。

いかがでしたか?りんごには私たちの美容と健康によい栄養がたっぷり詰まっています。また、お値段も手ごろでスーパーでいつでも売っています。5年後、10年後のあなた自身が後悔しないためにも毎日の食事に取り入れたいですね!

 Profile
<執筆>
増子 光世(ますこ みつよ)
日本ビューティーフード協会インストラクター
−10kg のダイエットに成功したことを機に美容や健康にいいことを日々研究中。
ブログ:https://ameblo.jp/shining-warld/

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事