初心者さんでも大丈夫!眉毛のマスカラを使って「美人眉」になろう

初心者さんでも大丈夫!眉毛のマスカラを使って「美人眉」になろう

顔の印象が決まると言われる「眉」。使うだけでグッと垢抜け眉になれるアイテムが「眉毛のマスカラ」です。黒髪、茶髪など髪の色に合わせたり、透明なものを使ったりと色々な塗り方があります。デパコスからプチプラまである、眉マスカラの使い方を見ていきましょう。

【眉毛マスカラを使う前に】基本の眉の整え方

【必要な道具】

眉毛を整えるために、まずは必要な道具をそろえることから始めましょう。ドラッグストアや100円ショップなどで購入することができます。

●ハサミ

伸びてしまった眉毛を切るために使用します。眉用のはさみは先が丸くなっているものが多く、肌を傷つけにくい形になっています。

●かみそり、シェーバー

切りそろえた眉毛の形を整えるために使用します。電動のシェーバーは肌への負担も少なくて済むと言われているため、持っていると便利でしょう。
かみそりの場合も、刃が短く、使用しやすい物を選ぶといいでしょう。

●スクリューブラシ

眉毛の向きを、キレイに整えるために使用します。

●コーム

眉を切る際に使用しますので、はさみと一緒に揃えておくと良いでしょう。はさみと一体化しているタイプもありますが、初心者の方は使いづらい可能性もあるため、別々に買うことをおすすめします。

●毛抜き

不要な眉毛を抜く際に使用するため、眉毛専用の毛抜きを用意しましょう

【眉の黄金バランスとは?】

眉毛の理想の形というのは、人それぞれ違います。自分の好みも頭の片隅には置きつつ、眉毛を整える前に、黄金バランスを知っておくことが大切です。

●眉頭

小鼻の際の延長線上に眉頭があります。眉毛が始まる眉頭は、この位置にあるとバランスがいいと言われています。

●眉山

眉毛のカーブの一番高い部分が眉山です。黒目と目尻の間辺りにあります。眉頭からだいたい3分の2程度の場所が目安です。眉山の位置に迷った時には、目を開けた時に一番高くなる場所に眉山を置くと自然に見えるでしょう。

眉尻

眉毛の終わりの部分を眉尻と言います。目尻と口角を結んだ線の延長線上に作るといいでしょう。この時、眉頭より眉尻が下がってしまわないように注意するのがポイントです。

【輪郭に合わせた眉づくり】

黄金バランスの眉ではなく、少し違った眉にしたいときは、自分の輪郭に合わせて整えてもいいでしょう。眉を変えるだけで顔の印象が変わりますよ。

●卵型

卵型の輪郭の人は、あまりカーブを付けず、直線のような眉にするのがおすすめです。直線眉はシャープな印象を与えやすく、小顔効果にも期待ができます。

●丸顔

可愛らしい印象の丸顔の人は、曲線のある眉に仕上げましょう。眉山を少し高い位置にして、眉頭と眉尻の高さを同じにすることで、女性らしい優しい印象を与えやすいと言われています。

●面長

輪郭が面長の人は、平行眉にすることで顔の長さをカバーできます。眉山を作らないように整え、眉頭から眉尻までを平行にすることで自然な仕上がりになります。

●ホームベース顔

エラが気になるホームベース型の輪郭の人は、への字眉がおすすめです。眉頭から眉山までをゆるやかな直線にして、眉山と眉尻もしっかりと角度を付けましょう。

【眉の整え方】

なりたい眉毛の形が決まったら、基本の整え方を確認していきましょう。

1、スクリューブラシで眉毛をとかす

眉毛の方向がバラバラだと、整えるのはとても難しくなります。そこで、まずはスクリューブラシを使って眉毛をとかし、毛の向きを整えましょう。優しく毛の流れに沿ってとかします。

2、長い眉をカットする

眉頭から徐々に眉毛を指で押さえて、ラインからはみ出した毛を切っていきます。眉頭から眉山までは上、眉山から眉尻までは下に押して、はみ出た毛を切るという流れです。

3、不要な毛を抜く

眉毛のラインからはみ出した不要な毛をピンセットを使って抜いていきます。肌への負担を少しでも少なくするために優しく引き抜くようにしましょう。

4、形を整える

カミソリやシェーバーで、眉毛の上や下などの不要な毛を剃ったら完成です。

【眉毛マスカラの使い方】大事なのはきれいな眉をかくこと

【必要な道具】

●アイブロウペンシル

眉毛を描くためのメイク道具です。1本1本眉毛を描きたすようにして、丁寧に眉毛を描いていきます。初心者の方は、理想の眉毛の形のガイドラインを描いてみるのも良いでしょう。
アイブロウペンシルは、鉛筆タイプや繰り出し式のものがメジャーです。リキッドタイプの物も発売されていますが、慣れていない場合は、修正しやすいペンシルタイプの物を選ぶのがおすすめです。

●アイブロウパウダー

ふんわりと自然な印象の眉毛に仕上げることができます。質感を優しく演出したり、眉のカラーを調整したりする効果を期待できます。

●アイブロウマスカラ

アイブロウマスカラは、眉毛のマスカラです。髪の毛をカラーリングしている人は、髪色とマッチさせることができます。また、毛の流れをそのままキープすることにも役立ちます。

●スクリューブラシ

毛流れを整えるために使用すると先述しましたが、眉を書く際に失敗しても使えるアイテム。スクリューブラシでぼかすことができるのです。

●アイブロウブラシ

アイブロウパウダーを眉毛にのせる際に使用します。硬い毛質で、斜めにカットされている物を使えば、グラデーションをつけることもできます。

【基本の眉の描き方】

1、まずはスクリューブラシで眉毛を整える

眉毛の毛流れを整えるために、スクリューブラシを使ってとかします。また、眉メイク前に塗ったファンデーションやフェイスパウダーを眉毛の隙間から取り除くといった役割もあり、眉毛を書きやすい状態にしてくれます。

2、アイブロウペンシルで足りない毛やガイドラインを描く

次に、アイブロウペンシルを使って眉毛を描いていきましょう。塗りこんでしまうと失敗しやすいため、繊細に1本ずつ眉毛を足していくようなイメージで描いていきます。
順番としては、まずは眉頭から眉山、次に眉山から眉尻というように描いていくといいでしょう。毛の生えている方向に描くようにすると、自然な仕上がりになりますよ。

3、アイブロウパウダーを使って質感を変える

アイブロウに濃淡を付けるために、アイブロウパウダーを使います。アイブロウブラシにパウダーをつけ、手の甲などを使って余分な粉を落としてから、眉に乗せていきましょう。眉頭から眉山にかけては薄く、眉山から眉尻にかけてを徐々に濃くすることで、美しい眉に仕上がります。

4、スクリューブラシでぼかす

眉毛を描き終えたら、スクリューブラシを使って眉全体を軽くぼかしていきましょう。こうすることによってより自然な眉を作ることができます。

5、眉毛のマスカラで色を変える

髪の色が黒髪ではなく、茶髪にしている人は、眉毛も明るい色にした方がより一体感が出ます。毛流れに逆らうようにして、眉毛のマスカラを付けていきましょう。塗り方は、毛の裏と表に、まんべんなくつけるようなイメージです。
また、あまりつけすぎると地肌についてしまうため、気を付けましょう。

【眉毛マスカラの塗り方】

1、眉をフェイスパウダーでおさえる

眉メイクを始める前に、眉毛が生えている部分にもしっかりとフェイスパウダーをのせておきましょう。フェイスパウダーをのせることによって、余分な油分を抑えることができ、化粧崩れの防止に効果を期待できます。

2、アイブロウペンシルなどのメイクを済ませる

眉毛マスカラを使う前に、アイブロウペンシルやパウダーなどを使用して、眉毛メイクを完成させておきましょう。
眉毛マスカラは通常の眉メイクを完成させてから使用することで、アイブロウペンシルやパウダーが落ちにくくなり、仕上がりもキレイになります。
眉毛の形を整える必要がなく、毛量がしっかりあるという方は、メイクをする前に眉毛マスカラを使用して、眉メイクを完成させましょう。

3、眉毛マスカラの量を調節する

眉毛マスカラを使用する際は、まず、眉毛マスカラのブラシをティッシュに軽く当てたり、容器にこすったりして、マスカラの量を調節することが大切です。マスカラの液がたくさんついた状態で塗ってしまうと、地肌にマスカラがついてしまったり、均一に塗れなかったりしてしまいます。ナチュラルな眉毛を目指していても、ベタっとした眉毛になってしまう恐れがあるため、注意が必要です。

4、毛流れと逆方向に眉毛マスカラを塗る

眉尻から眉頭に向かって、毛の流れとは逆の方向に眉毛マスカラを塗っていきましょう。塗り方のポイントは、眉毛を逆立てるようにして、できるだけ根元から塗ることです。眉頭や眉尻の細かい部分は、ブラシを立てるようにして塗るとキレイに塗れますよ。

5、毛流れに沿って眉毛マスカラを塗る

今度は、目頭から眉尻に向かって毛の流れに沿って眉毛マスカラを塗りましょう。こちらの塗り方のポイントは、眉毛の流れを整えるようすることです。
毛の流れとは逆の方に塗ってから、今度は流れに沿ってつけるようにするこで、眉毛が表と裏からしっかりと眉毛マスカラでコーティングされ、より鮮やかな発色も期待できます。立体的な眉を演出できるのではないでしょうか。

最後に、不自然に出ている毛がないかどうかを確認し、飛び出る毛があれば眉毛マスカラのブラシの先端で整えましょう。この時、眉マスカラが地肌についてしまっていたら、綿棒などで丁寧に拭き取ります。

黒髪や茶髪など髪の色に合わせよう【眉毛マスカラの選び方】

【眉毛マスカラのメリット】

ペンシルやパウダーだけでは作れない、眉のふんわりとした質感を出せるのが眉毛のマスカラの特徴です。
眉毛の1本1本をコーティングするようになるため、メリハリのついた眉毛になります。どの角度から見ても、立体感のあるシャープな顔立ちにみせる効果を期待できますね。

また、眉毛のマスカラはカラーバリエーションがとても豊富。自分の瞳や髪の色に合わせて、またはその日のメイクの雰囲気によっても、様々な色の眉毛を作り出すことが可能です。今までは髪と眉毛の色が違い過ぎてしまって、眉毛が浮き出るように見えるなど不自然な印象になってしまっていた人もいるかもしれません。そんな場合、眉毛マスカラを使うことによって、眉毛が顔になじみ、自然であか抜けた印象を手に入れることができるでしょう。

【髪の色と合わせよう】

●黒髪

黒髪の方は、黒髪よりも少し薄いグレーや、ダークブラウンといった色を選ぶのがおすすめです。それによって、本来の眉の色を引き立て、あか抜けた印象をプラスしてくれるでしょう。ブラックを使用してももちろん違和感はなく、この場合は凛とした女性の美しさを強調できます。シーンに合わせて使い分けてもいいですね。

●ブラウン系の茶髪

黒に比べて明るめの髪色の場合には、同じ色味のブラウン系を選ぶといいでしょう。アイメイクを引き立てたいならば、ダークブラウンを使用することでメリハリがつきます。ライトブラウンを使用すれば柔らかい印象を作り出すことことにも役立つでしょう。

●金髪

髪質も人それぞれ違うもの。眉毛の硬さも考慮して、眉マスカラを選びましょう。眉毛が硬めの方は、眉毛マスカラの質感も硬めのテクスチャーのものが、眉にしっかりとなじみます。反対に柔らかい質感の眉毛の方は、ゆるめのテクスチャーが適しています。

デパコスにプチプラまで【おすすめ眉毛マスカラ】

【デパコス眉毛マスカラ】

●シュウウエムラ アイブローマニキュア

デパコスの中でも人気が高い定番のアイテムが「シュウウエムラ アイブローマニキュア」です。眉毛のためだけにデザインされたという、マルチフェイスミニアプリケーターが誕生。様々な形の眉にしっかりとフィットし、どんな長さにも簡単カラーリングができます。手軽にツヤ感のある眉に変身することが可能です。
また、ウォータープルーフ・ケア成分が配合されているため、化粧崩れもしにくくなっています。

【プチプラ眉毛マスカラ】

●ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ

プチプラのアイテムとしてご紹介したいのが
「ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ」です。ひと塗りするだけで、しっかりと発色するという、魅力的な眉毛のマスカラ。髪色に合わせて簡単にカラーリングできるのが嬉しいですね。
ぬるま湯で簡単に落とせるのに汗・水・皮脂・こすれに強いフィルムタイプ。美容液成分パンテノール(眉毛保護成分)が配合されているのも嬉しいポイントです。

【透明の眉毛マスカラも優秀アイテム】塗り方をご紹介

【透明眉毛マスカラのメリット】

眉毛メイクで気にすべき点のひとつに、毛の流れがあります。眉毛がぼさぼさだと品が無く見えてしまいがち。そこで、透明眉毛マスカラを使うことによって、毛の流れを自然に整え、キープすることができます。
透明なので自然なツヤ感と、キレイな毛流れを手に入れられるでしょう。そして、アイブロウペンシルやパウダーで描いた眉が落ちにくいというメリットもあります。眉は、前髪が当たってしまったり、前髪をいじる時に手が当たってしまったりと、化粧が落ちやすい場所です。透明眉マスカラを塗ることでコーティングされて化粧が落ちにくくなります。

【透明眉毛マスカラの使い方】

1、アイブロウの下準備をする

まずは透明眉毛マスカラを塗る前にアイブロウを準備しておきましょう。アイブロウペンシルやパウダーできちんと眉のお化粧を終えておきます。最後にスクリューブラシでぼかすと、ナチュラルな美眉に仕上げられますよ。

2、透明マスカラを毛の流れに逆らって塗る

透明眉毛マスカラも、色のある眉毛マスカラと塗り方は同様です。まずは眉毛の毛の流れに逆らって塗っていきましょう。細かい部分はブラシの先端を使って丁寧に仕上げます。
ぺたっとした眉毛の人は、上に持ち上げるように塗れば、自然なふわっとした眉になります。

3、毛の流れにそって塗る

次に、眉毛の流れに沿って、透明眉毛マスカラを塗っていきましょう。最後に眉頭を、ブラシを縦にもって塗ると、自然な眉に仕上がります。

眉毛マスカラを使ってあか抜け眉になろう

顔の印象を決めてしまうほど重要な眉毛。まずは、眉メイクに必要な道具を揃えて、基本の眉毛メイクを覚えましょう。しっかりと基本をおさえて眉毛を整え、描いていくことで、初めて眉毛マスカラが活きるのです。髪の色や瞳の色で眉毛マスカラを選べば、自然なあか抜け美眉に慣れるでしょう。

また、その日の気分によってイメチェンも簡単にできます。眉毛マスカラを使いこなして、ぜひ美しい眉毛を手に入れてみてはいかがでしょうか。使い方もとっても簡単なので、毎日のメイクにプラスしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事