意外と難しい混合肌のスキンケア…部分的に使い分けて健やかな肌へ

意外と難しい混合肌のスキンケア…部分的に使い分けて健やかな肌へ

ベタつく部分と乾燥する部分がある混合肌さん。メイクをするときには化粧下地やファンデーションをパーツによって使い分けていても、スキンケアでもっと肌の調子を整えたい…とお悩みの方も少なくないのでは。混合肌さんのスキンケア方法をご紹介します。

混合肌さんはTゾーン重視のスキンケアをしてしまいがち?

おでこや鼻周りのTゾーンがテカりやすく、頬や顎あたりが乾燥しやすい混合肌さんは、皮脂分泌の多いTゾーンのスキンケアを重視しすぎる方が多いと言われています。ニキビやテカリを防ぐために、洗浄力の強いクレンジングや洗顔、さっぱりとした基礎化粧品を顔全体に使っているという方は、Tゾーン以外の部分の乾燥がどんどん進んでしまう傾向があるので注意が必要ですよ!

混合肌さんのスキンケアは洗顔方法・保湿の手順がとても重要!

健やかな肌の土台づくりに欠かせないクレンジングや洗顔は皮脂分泌の多いTゾーンから洗い、保湿ケアは乾燥しがちな頬から行っていきましょう。混合肌さんのスキンケアは顔を部分的に分けてお手入れすることがポイントです。

まずはたっぷり泡立てた洗顔料をTゾーンに乗せて、細かくくるくる円を描くように泡を転がしていきましょう。Tゾーンを洗い終えたら、頬などの乾燥しやすいパーツはさっと泡を乗せる程度でOKです。少し面倒なようでも時間差をつけるだけで肌の調子がだんだん良くなっていくはずですよ。

化粧水、美容液、乳液、クリームなどの保湿ケアは洗顔やクレンジングとは逆に、乾燥しやすいUゾーンからつけていくといいでしょう。化粧水や乳液などを手のひらに取ったら、まず頬へ馴染ませて、手に残った量の保湿アイテムをTゾーンに、足りない部分には重ねづけをしてみてくださいね。最近では混合肌用のクリームやジェルなどのスキンケアアイテムも売られているので、混合肌用のさっぱりするけれどきちんと潤うものを選んでみるといいかもしれません。

混合肌さんはあぶらとり紙で皮脂を抑えて酸化予防を

Tゾーンがテカりやすい混合肌さんは、日中肌に浮いてきた皮脂をあぶらとり紙で優しく抑えて皮脂の酸化を防ぐことをおすすめします。皮脂をそのままにしておくと黒ずみや毛穴詰まりの原因になってしまうため、Tゾーンの洗顔やクレンジングを念入りに、日中はあぶらとり紙で優しく皮脂を取り除き、肌トラブルのない健やかな肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事