うるおい不足でカッサカサ…秋冬の乾燥を防ぐスキンケアのコツ

うるおい不足でカッサカサ…秋冬の乾燥を防ぐスキンケアのコツ

秋から冬にかけて悩まされやすいのが肌の乾燥。ざらつきやくすみなどの肌の乾燥によるトラブルは、角質層のうるおい不足が大きな原因であるため、より丁寧に保湿を重視したスキンケアをしてうるおいで満たしてあげましょう。

きちんとスキンケアしているのに肌が乾燥するのはなぜ…?

毎日きちんとお手入れしているつもりでも、肌がカサカサになりやすい方は、角層がうるおい不足で傷つきやすく、肌のバリア機能が低下しているため水分がどんどん蒸発しやすい状態になっている可能性があります。乾燥肌さんが特に見直すべきなのが洗顔方法。何気なく洗顔をしている方は、ゴシゴシ擦ったり、熱いお湯や強いシャワーで洗い流していないか確認してみてくださいね。

乾燥でしぼんだ肌にうるおいチャージするスキンケア

秋から冬にかけて気温や湿度がぐんと低くなり、肌の乾燥を放っておくとシワやたるみ、くすみの原因になってしまいます。乾燥によりしぼんだ肌をふっくらみずみずしくさせるには、徹底保湿がマストです。

肌がカサついているときには、保湿効果の高い洗顔料を使い、泡を顔に乗せて洗い流すだけで十分。夜は洗浄力がマイルドなクレンジング料を使ってきちんとメイクを落としたあと、湯船にゆっくり浸かり毛穴汚れを浮かします。刺激の少ない洗顔料をよく泡立てて、手が肌に直接肌に触れないように意識しつつ、たっぷりの泡を肌の上で転がすイメージで洗ってみてくださいね。

シャワーの水圧や熱いお湯を使ったすすぎは肌に刺激を与えたり、必要な皮脂を奪ってしまう可能性があるので、ぬるま湯を手のひらですくって髪の生え際や顎まわりに泡が残らないよう、きちんとすすいでいきましょう。

洗顔後やお風呂上がりは、肌が急速に乾燥するので速やかな保湿ケアが欠かせません。化粧水を手のひらに乗せて両手で温めたあと、顔全体を包み込むように馴染ませることを3〜4回繰り返すといいですね。乾燥には化粧水で水分を補うことが大切ですが、化粧水だけでスキンケアを済ませるだけでは足りません。水分の蒸発を防ぐためにも油分を含んだクリームや乳液を重ね塗りして潤いを逃さないようにしておきましょう。

定期的にシートマスクを取り入れるのも乾燥予防におすすめ

今日はすごく乾燥する…肌がごわついているな…と感じた日は、シートマスクを使って手っ取り早く乾燥をリカバリーすると効果的!入浴時にシートマスクをつけると、湯船から出るスチーム効果でよりしっとりとした肌に近づけますよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事