【アイラインの引き方テク】初心者でも上手に目元をつくるには

【アイラインの引き方テク】初心者でも上手に目元をつくるには

目元の印象を決めるアイラインは重要なポイントメイク。目頭から目尻まで、納得のいくラインを引くのは、初心者にはなかなか難しいもの。そこで今回は一重、二重、奥二重、タレ目と、目元別にきれいなアイライナーの引き方を紹介します。なりたい顔を目指しましょう。

アイライナーによってアイラインの引き方が違ってくる?

アイライナーは使うタイプによって、引き方や顔の印象が変わります。メイクを上達させるためにそれぞれの特徴を知っておきましょう。

●ペンシルアイライナー

鉛筆と同じように扱える、最もポピュラーなアイライナーです。少しずつラインを引けるので調整しやすく、失敗してしまっても綿棒などで簡単に落とせます。アイライン初心者や、目元をふんわりとぼかしたい方におすすめです。

●リキッドアイライナー

細くシャープなラインを引けるのがリキッドタイプです。筆先が細く、何度も重ねてラインをお好みの太さに調整できます。また、汗に強く、にじみにくいのもうれしい魅力。リキッドアイライナーは筆先がフェルト、筆ペンなどいろいろな種類に分かれています。

初心者の方はラインがぶれにくいフェルトタイプを選ぶと、あまり失敗せずにラインが引けるでしょう。

●ジェルアイライナー

ペンシルとリキッドの中間のような使い心地が特徴です。マーカーのように滑らかなラインが引けるため、目元をはっきりと強調したい時にも適しています。ただし、重ねてラインを引くと濃くなるので、1度でさっと引くのがポイント。

シャープなラインを引けるので、一重まぶたや目尻を強調したい方にぴったりです。筆タイプと芯タイプの2種類があります。

●パウダーアイライナー

パウダータイプのアイライナーです。アイシャドウのような感覚で使うことができ、ラインをふんわりと自然にぼかしたり、目元にグラデーションを入れたりといろいろなアレンジを楽しめます。

いろいろなカラーがあるので、アイラインにポイントをおいたアイメイクにも挑戦しやすいですよ。

インラインについて

トレンドメイクのひとつ、インラインをご存知でしょうか?通常のアイラインはまつげの上側に沿ってラインを入れますが、インラインはまつげの下側(内側)にラインを引くアイメイクです。そうすることで黒目と白目のコントラストが強調され、自然に目元にインパクトを出せます。

難しいテクニックが必要なく、初心者でも簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

初心者必見!基本のアイラインの引き方を知ろう

アイラインは引き方次第でメイクの印象が変わります。初心者は、まず基本のアイラインから覚えましょう。

まつげのすき間を埋める

アイラインをきれいに見せるには、まつげの生え際とアイラインが一体化するよう、自然に引くのがポイントです。1本、1本まつげのすき間を埋めていくようなイメージで引くと上手に仕上がります。

まつ毛の生え際とアイラインが離れてしまうと隙間の肌の色が目立ってしまい、不自然な仕上がりになってしまうため、鏡を見ながら少しずつ、まつ毛のすき間にラインを埋め込みましょう。この時、片方の手の指でまぶたを軽く上に引っ張ると、アイラインが引きやすいので試してみてはいかがでしょうか。

綿棒で線をぼかすのも大切

初心者だと、最初はアイライナーを同じ太さに引きづらいかも知れません。細過ぎたり、太過ぎたりしたと感じたら、綿棒でやさしくぼかしてみましょう。ただし、まぶたを強い力でこするのは厳禁です。

ラインが消えてしまうだけでなく、素肌を痛めてしまう恐れがあるため、注意してくださいね。

瞳から目尻までのラインが大切

まつ毛のすき間を埋め終ったら、その上を瞳から目尻まで、アイライナーでなぞります。このラインが目の印象を大きく変えるので、つくりたいイメージを頭の中に浮かべながら引くのが大切。だからといって、あまりにラインを強調してしまうと逆に不自然になってしまいます。
鏡を見ながら、全体のバランスを考えるのを忘れずに。

目尻のすき間を埋める

次に目尻の先端を処理します。目尻から少し跳ね上げるようにラインを引き、そのまま目尻に折り返して、目尻とアイラインのすき間をしっかり埋めていきましょう。目尻のラインの引き終りで、ラインを折り返すようなイメージです。

まつ毛のすき間と同様、目尻のすき間から肌色が見えないよう仕上げましょう。後はアイラインを綿棒で軽く押さえて、肌と馴染ませれば完成です。せっかく引いたラインが消えないように、できるだけそっとやさしく押さえるのがポイントです。

下まつ毛の際も忘れずに

最後に下まつ毛のアイラインですが、メイクやお好みによって引く場合と引かない場合があります。ラインを引く時は目の幅の1/3程度の長さで、部分的に引きましょう。人気のタレ目風に見せるなら、目尻側の1/3にラインを引いて軽くぼかします。

また、黒目を強調したい場合、瞳の下部分にだけ、ラインを引きます。下まつ毛のラインもすき間をつくらないのが、きれいにみせるポイントです。

一重&二重&奥二重のアイラインの引き方とは

目の形によってもアイライナーの引き方が、それぞれ違います。自分の目元に合ったラインを知っておけば、アイメイクがもっと楽しくなりますよ。

一重のアイラインの引き方

一重はアイラインの太さが大切になります。最初に一気に引いてしまうと、失敗した時にやり直しが大変なので、まず細いラインを引いて、少しずつ太さを調整していきましょう。まつ毛のすき間を埋めた上から、際に沿ってラインを細く引きます。

目尻は少し長めに伸ばしましょう。一重の方はアイラインが細過ぎてしまうと、まぶたの厚みに隠れて目立たなくなりがちです。目を開けた時にアイラインが少し見える程度が、きれいな仕上がりの目安と言われています。

自分でちょうどよいと思える太さになるまで、こまめにチェックして仕上げましょう。

二重のアイラインの引き方

目の印象が強い二重は、アイラインを強調し過ぎると、キツイ印象になっていまいます。おすすめなのはグレー系やブラウン系などのあまり主張の強くないカラーのアイライナー。まつ毛のすき間を埋める程度にラインを引いて、目尻もあまり伸ばさずに仕上げましょう。

また、ラインを綿棒でぼかすと、ナチュラルな雰囲気に見えますよ。少しラインを強調したいなら、瞳の上部分だけに留めましょう。

奥二重のアイラインの引き方

奥二重は二重の幅が狭く、あまり太過ぎるラインは目が小さく見えてしまいます。上手に仕上げるには、まつ毛のすき間を埋めた後にその上から細いラインをさっと引くのがおすすめ。

奥二重も一重の方と同じように、後からアイラインがにじみやすいので、まぶたにつかないよう注意しましょう。

目尻がポイント?タレ目風アイラインの引き方

なぜタレ目メイクが愛される?

最近のトレンドでもあるタレ目メイク。
女優の石原さとみさんや有村架純さんなど、男女問わず人気のある女優さんもタレ目の印象が強いですね。日本人は「つり目」にキツイイメージがあり、ふんわりやわらかく、子供っぽい愛嬌もあるタレ目は世代を問わず、好まれています。

アイライナーでつくるタレ目メイク

アイライナーで、誰でも簡単にタレ目風メイクが可能です。まずは目尻が目頭より下がっているように見せるのが大前提。ぼかし方と色味によって、愛されるタレ目が完成します。

1、ダークブラウンなどの、黒目に近いカラーのペンシルアイライナーを目のカーブに沿いながら、下側に2~3cmほど長く引きます。不自然になり過ぎないよう、あくまで、目のカーブの延長線上に来るよう引くことが大切です。

2、目尻からはみ出すようにラインを引いたら、今度はアイラインと似た色味のアイシャドウで、外側にふんわりとぼかして、グラデーションをつくります。うまくぼかせない時は、指でやさしく叩いたり、はみ出したところを綿棒で調整したりすると、自然な陰影ができますよ。

メイク別アイラインの引き方

メイク別にアイラインの引き方も種類があります。ファッションを着替えるように、シーンやお好みによって、アイラインも変えてみませんか。

ナチュラルなアイライン

アイラインをナチュラルに見せたいなら、自分の肌や髪、瞳の色に馴染むカラーのアイライナーで仕上げましょう。ダークブラウンは最も日本人に馴染みやすい色味なので、特におすすめ。使うタイプはペンシル、またはリキッドがナチュラルなラインを引きやすいです。

●まつ毛とまつ毛の間をきちんと埋め、ラインを少しずつ引きながら太さを調整するときれいに引けます。
●目尻から目頭に向けてラインを引くときれいな仕上がりになります。
●リキッドタイプを使う場合、下まぶたにラインを引くのは避け、目尻側もラインを長く引いたり、跳ね上げ過ぎたりしないように気をつけましょう。

キュートなキャットライン

キャットラインは目尻から跳ね上がったようなラインが特徴的。キュートな小悪魔風や、顔を引き締めた印象に見せたい方に、ぴったりなアイメイクです。ラインをはっきりと引きやすい、リキッド、ジェルタイプのアイライナーを使いましょう。

●しっかりとまつ毛とまつ毛の間を埋め、ラインは黒目の上から目尻に向かって、太くなるように引くのがポイントです。
●目尻から5~8mmほど、斜め上にラインを跳ね上げて引きます。
●さらに目幅の1/3くらいの付けまつ毛を目尻につければ、華やかさがアップし、ドレスアップしたシーンなどにおすすめ。

目を大きく見せるアイライン

一重や奥二重の方も、二重のように目をくっきりと、大きく見せることが可能です。リキッドとジェルタイプのアイライナーを使い分けて、ラインを引きます。

●最初にまぶたの生え際にリキッドタイプですき間を埋め、その上からジェルタイプで瞳の上部分にラインを引きます。
●目全体をラインで囲んでしまうと、目が小さく見えて逆効果。下まぶたにはラインを引かないよう注意しましょう。

クールな切れ長アイライン

大人っぽく、知的な雰囲気に見せる切れ長アイライン。一重、二重、奥二重と、目元の形を問わずに挑戦できます。シャープなラインが決め手なので、滑らかなリキッドタイプのアイライナーを使いましょう。

●まつ毛とまつ毛の間を埋めながら、目頭から目尻までラインを引きます。
●目尻の先だけ、少し引き上げるようにラインを3~5mm程伸ばします。
●下まぶたにラインを入れるなら、ペンシルタイプを使い、目尻3分の1程にラインを入れながら、目尻のラインをぐるりとつなげます。

アイラインの引き方で注意したいこと

アイライナーが落ちないようにするには

せっかくアイラインがきれいに引けたのに、後から鏡を見るとラインが落ちて、パンダ目になっていたなんて経験がありませんか?アイラインが落ちてしまうのは汗や皮脂などが原因。アイライナーを使う前に目の周りの油分や涙をコットン、綿棒で取り除きましょう。

油分、水分によって、アイラインが時間と共に浮いてしまうのを防げます。

ラインのヨレやにじみはパウダーで解消

アイラインを引く時は、あらかじめアイシャドウやフェイスパウダーをまぶしておくのもおすすめです。皮膚がさらっとした状態なら、アイラインのベタつきを抑えてくれます。これなら、時間が経ってもきれいなラインをキープできるので、外出先でも安心ですね。

カラーアイライナーの上手な使い方は

初心者には手が出しにくいと、敬遠しがちなカラーアイライナー。なんとなく、派手なイメージだと思っていませんか?最近はカラーバリエーションが豊富で、旬なメイクを楽しめます。

カラーアイライナーはワンポイントメイクになるので、目の際全体より、目尻側にラインを引くと仕上がりがきれいです。また、同色のアイシャドウを組み合わせると目元に統一感が出て、自然な印象にも見えます。

カラーアイライナーを購入する際、自分に似合う色はもちろん、お手持ちのコスメの色味も考えると選びやすいですよ。

アイラインの引き方が上手くなる?初心者でも使いやすいアイライナー

アイラインを上手に引くことができない、またはせっかくきれいに引けても後から崩れてしまったなど、アイライナーを使いこなせないと多くの方がお悩みです。そこで、初心者でもラインを引きやすい、おすすめのアイライナーをタイプ別に紹介します。

●ジルスチュアート キトゥンアイズ ライナー

乾くと崩れにくく、にじみにくいのできれいなラインが長時間持続できると評判のリキッドアイライナーです。コシのあるしなやかな筆は、コシと毛量、毛の長さを絶妙なバランスで混毛。目尻の跳ね上げラインも思いのままに引けます。

すべてのカラーにパールを配合しているので、発色がよく、簡単に印象的な目元を仕上げることが可能です。

●ADDICTION アイライナー ペンシル

潤い成分である「ローズヒップオイル」が配合されているのが特徴的なペンシルアイライナー。柔らかめの芯で滑らかにラインを引きやすく、初心者にも最初に使う1本としておすすめです。専用シャープナーが付いており、繰り出した芯を削って、お好みの太さにすることも可能。

ウォータープルーフタイプなので、崩れにくいのも人気の理由でしょう。

●ヴィセ リシェ スーパースリム ジェルライナー

最後に紹介するのはジェルアイライナーです。ジェルタイプはまつ毛とまつ毛の間をしっかりと埋められますが、使い勝手が分からないという声もよく聞かれます。その点、このアイライナーは芯が硬く細いので、ペンシルのような感覚で使えるのが魅力的です。

しかもウォータープルーフでにじみにくく、自然に仕上がります。上からアイシャドウやフェイスパウダーで押さえると、より落ちにくさがアップ。

アイラインの引き方がメイクの印象を大きく変える

アイラインの引き方や注意点、おすすめのアイテムなどを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?アイラインを上手く引けない初心者でも、コツさえつかめば、なりたい目元に近づけます。

まずは基本のアイラインの引き方をしっかりと覚えて、自分に似合うアイメイクを見つけてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事