カビは肌荒れやアレルギーの原因に!キレイな空気は美容にもプラス!

カビは肌荒れやアレルギーの原因に!キレイな空気は美容にもプラス!

カビはお肌にとって大敵です。せっかく高額な美容液でスキンケアしていても、空気中に漂うカビの胞子によって、かゆみや赤みを引き起こすこともあるので、できるだけお部屋の空気はキレイにしておきたいところ。カビ対策について詳しく見ていきましょう。

【カビ対策は美肌対策?】美容液だけのスキンケアじゃ不完全!

スキンケアは毎日のこと。美容液などでお肌のケアをすることは当たり前ですが、お部屋の空気は意外にも気にしない人もいるでしょう。一定の換気や掃除はしていても、なかなかカビの対策までバッチリ!という人は少ないのでは?

カビは、カーペットや北側の部屋の壁、浴室など至る所で発生します。人が動いたりすることでカビの胞子は空気中に舞ってしまい、お肌へ付着したり、口から吸ってしまうことにもつながります。

とくに肌への影響は大きく、脂漏性皮膚炎による赤みだったり、かゆみといった症状を引き起こすこともあるので、カビ対策は美肌にとっても大切なことなのです。

なかでもエアコンの内部にはホコリと一緒にカビが絡まっていることがあるので、フィルターを掃除していないと部屋中にカビとホコリを撒き散らすことになります。定期的にエアコンのフィルターは掃除するように心がけましょう。

【カビ対策は美肌対策?】カビの除去は習慣づけたい美容法

カビは湿度が高い夏に発生するイメージがありますが、実は乾燥している冬も危険です。というのも、冬は冷たい外気と暖かい室内の温度差によって結露が発生します。

暖房を使えば使うほど結露は増し、これがカビの原因にもなります。また洗濯物の室内干しなども結露を引き起こしてカビが発生することもあるのだとか。

とくにお部屋の壁やクローゼットの中、ベッドの下などは定期的に結露を拭き取るなど、まめな対策が必要です。普段着る洋服や、毎日眠るベッドの周りにカビが発生していると、やはりお肌への影響も心配です。

さらに洗濯槽のカビも注意してください。表には見えない洗濯槽にカビが発生していると、当然洗濯物にカビの胞子が付着してしまいます。それを肌に通すのですから、お肌に良くないのは言うまでもありません。

食事、睡眠などさまざまなケアが必要な美肌対策。もう一つ、日々の習慣として、キレイな空気を作ることも忘れないでおきたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事