なぜか口周りだけ乾燥する…乾燥の原因と簡単に出来るケア方法!

なぜか口周りだけ乾燥する…乾燥の原因と簡単に出来るケア方法!

顔の他の部分は大丈夫なのに、なぜだか口周りだけ乾燥する…という経験はありませんか?特に乾燥しやすい冬は口周りが荒れやすくなります。口周りがカサカサだと、一気に老け顔になってしまうので、原因を知って乾燥対策をしましょう!

保湿しているのになぜ?口周りが乾燥しやすい原因とは?

きちんとスキンケアで保湿しているのに、なぜか口周りだけ乾燥してしまうということはありませんか?粉を吹いたり、カサカサになってしまうと、メイクのノリも悪くなるし、困ってしまいますよね。口周りのトラブルは目立ちますし、顔の印象を左右します。また、口周りが乾燥していると、ほうれい線が増えたり、小じわが増えたりするので、老けて見えてしまうことも!

【口周りが乾燥しやすい原因とは?】
・皮膚が薄い
・皮脂腺が少なく、皮脂分泌も少ない
・凸凹が多いエリアの為、塗りムラがあったり、スキンケア成分がしっかり行き届きにくい
・顔の中でも摩擦による刺激を受けやすい
・触れる機会が多く、ケアしたものが落ちやすい
・胃腸の働きの低下
・ホルモンバランスの乱れ 
・生活習慣・食生活の乱れ など

顔の中でも特に皮膚が薄い上、皮脂の分泌が少なく乾燥しやすい口周りは、より丁寧にケアをしてあげることが大切です。

日頃の習慣を見直そう!口周りの乾燥はどうやって防ぐ?

日々の習慣やケアの見直しで口周りの乾燥を防ぐことができるそうです。その対応策をご紹介しますので、チェックしてみてくださいね。

◎しっかりと保湿する
頬やおでこなどに比べて、口元のスキンケアがおろそかになりがちではありませんか?凹凸が多いパーツなので、塗りムラがないよう丁寧にスキンケア用品をつけるようにしましょう。粉を吹いたりカサカサしたり、特に乾燥している場合は、普段のスキンケアにプラスして、クリームやオイルを塗ると良いですよ!

◎こまめに保湿をする
ハンドクリームやリップクリームを塗るように、乾燥が気になる時には、口周りにもこまめに保湿クリームを塗るのがオススメです。

◎なるべく口周りを触らない・摩擦を避ける
刺激や摩擦を受けると、乾燥しやすくなってしまいます。口周りは触れる機会が多いので、食事後に口を拭く・歯磨き後に口を拭く・洗顔、クレンジングをする、など口周りは優しく触れて、強い摩擦を起こさないよう心掛けてください。

◎部屋の湿度を上げる
空気が乾燥していると、肌や髪、喉などにも負担が掛かります。乾燥しやすい冬場・空調で乾燥しやすい時は、加湿器を活用して湿度を保ち、乾燥対策を行いましょう。肌に良いとされている湿度は、60%前後です。

◎紫外線対策をする
紫外線も乾燥の原因となりますので、一年を通して紫外線対策は行いましょう。

◎食生活・生活習慣の見直し
食生活が乱れると胃腸の機能が低下し、口周りの荒れを引き起こすことがあります。また、睡眠不足も肌荒れの原因となりますので、バランスの良い食事・十分な睡眠をとるようにしてください。

皮膚が薄く、乾燥や刺激を受けやすい口周り。口周りが乾燥する原因は意外と多いですが、日頃の習慣を少見直し、潤いを保持出来るよう心掛けましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事