寒くなる冬は顔がほてる…スキンケアとインナーケアで赤ら顔を解消

寒くなる冬は顔がほてる…スキンケアとインナーケアで赤ら顔を解消

特に寒くなると、肌が赤くなったりほてりに悩む方が増えるそうです。頬や鼻などが赤くてファンデーションやコンシーラーでも隠しきれない、という方は自分の赤ら顔の状態を見極めて正しいお手入れをしていきましょう。

赤ら顔を引き起こすNGスキンケアとは?

主に赤ら顔は「アレルギーなどによる肌の炎症」「毛細血管が拡張した状態が続いて肌に透けて見える」「皮脂が酸化して刺激となり炎症を起こしている」という3つの原因があると言われています。

どのタイプの赤ら顔も、肌のバリア機能が低下して刺激に弱い状態です。そのため、肌に刺激や摩擦を与えるスクラブやピーリング、ゴマージュ、ゴシゴシ擦るような洗顔やクレンジング、マッサージは赤みがあるうちには避けた方がいいでしょう。

丁寧で刺激の少ないスキンケアが赤ら顔に効果的

顔が赤くなっているときには、なるべく落ちやすいファンデーションに変えて丁寧にクレンジングや洗顔をしたり、刺激の少ない化粧水、乳液、クリームを使って潤いを与えることが大切です。水分と油分をバランスよく補って普段から乾燥させない肌を保っていきましょう。

また、冬は寒い外と暖房で暖かい室内との温度差で赤ら顔になることもあるため、外出時にはネックウォーマーやマフラー、マスクなどで優しく顔を覆い、冷たい外気に触れない工夫をするのもおすすめです。顔だけでなく、暖かい靴下を履いたり、温かい飲み物を飲んだり、血行促進効果のある入浴剤を入れてゆっくりお風呂に浸かるなど、冷え対策をしっかり行ってくださいね。

皮脂分泌が多くて小鼻の赤みが気になるという方は、皮脂が酸化することで刺激となり炎症が起きている可能性があります。分泌された皮脂はこまめにあぶら取り紙などで取り去り、化粧水や美容液などで水分を重視したスキンケアをしていくといいでしょう。

また、赤ら顔は元々肌が薄くて乾燥しやすい肌質の場合が多いと言われています。普段から肌を乾燥させないように保湿対策を心がけて、刺激の強いピーリングやゴマージュ、マッサージなどのお手入れは赤みが引くまで避けることをおすすめします。冬は空気乾燥によりあらゆる肌トラブルを引き起こすため、もう一度自分のお手入れ方法を見直してみてくださいね。

丁寧なケアと保湿、冷え対策で赤ら顔のお悩みを解決!

顔のほてりや赤みは身体の冷えも関係していると言われているので、冬は特に冷え対策に力を入れることが大切です。刺激を与えない丁寧なお手入れ、潤いをたっぷり与えて乾燥させない保湿ケア、冷え対策を心がけて赤ら顔のお悩みを解決してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事