小鼻の脇の赤みはもしかしたら皮脂のせい…?正しい対策方法

小鼻の脇の赤みはもしかしたら皮脂のせい…?正しい対策方法

小鼻の脇が赤くなっていると、コンシーラーやファンデーションをのせても綺麗にカバーしきれなかったり、ベースメイクを厚塗りすると崩れやすくなってしまいますよね。テカリやすく小鼻の脇の赤みが気になる方は、正しいお手入れで改善していきましょう。

小鼻の脇の赤みは過剰分泌された皮脂の酸化が原因!?

洗顔やクレンジング、保湿ケアをしっかりしているのになかなか良くならない小鼻の脇の赤み。小鼻の脇の赤みはあらゆる原因がありますが、「皮脂分泌が多くテカりやすい」「日中鼻の周りがテカテカしてベースメイクが崩れやすい」などという方は分泌された皮脂が酸化することで皮膚の常在菌と反応し、炎症を起こしてしまっている可能性があります。また、クレンジングや洗顔などの摩擦や紫外線の影響、ファンデーションなどのメイクの落とし残しなども炎症を引き起こして赤みにつながってしまう場合があるので注意が必要です。

小鼻の脇の赤みを解消するには皮脂対策がポイント

小鼻の脇の赤みは、分泌された皮脂が酸化して刺激を与えて炎症が起きていることが大きな原因であるため、まずは皮脂対策をしていきましょう。特に鼻周りは皮脂分泌が多い部分なので、皮脂はこまめにあぶら取り紙などで取り除き、スキンケアはオイルフリーの化粧水、美容液でみずみずしい潤いを与えていくことがポイントです。

小鼻の周りは毛穴詰まりや黒ずみなどの毛穴トラブルが気になりやすいと思いますが、赤みがあるときには、肌に刺激を与えるスクラブやピーリングは避けた方がベター。メイク直しをするときは、あぶらとり紙で皮脂を抑えて油分が含まれていないルースパウダーを優しく肌につけてサラサラの状態を保つことを心がけてみてくださいね。

また、スキンケアやベースメイクだけでなく皮脂分泌をコントロールするビタミンA、ビタミンB群を積極的に摂るのも効果的!脂っこい食べ物やお菓子、ジャンクフード、刺激の強い激辛食材をたくさん食べていると皮脂が過剰に分泌されてしまうため、ビタミンたっぷりの野菜が入ったサラダや蒸し野菜、鍋やスープなど野菜中心のヘルシーな食生活を意識していくと良いでしょう。

皮脂の酸化を防いで小鼻の赤みを解消!

きちんとお手入れしているのにファンデーションやコンシーラーでも隠せないほど小鼻の脇が赤くなっている場合は、早めに皮膚科で診てもらうことをおすすめします。皮脂を酸化させない心がけとインナーケアの見直しで気になる小鼻の赤みを解消していきましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事