スキンケアしているのに肌が乾燥する…それってやり方のせいかも

スキンケアしているのに肌が乾燥する…それってやり方のせいかも

冬になり、カサカサ肌に悩み始めて保湿ケアを念入りに行っている方も多いのではないでしょうか。しかし、きちんとスキンケアをしているのに乾燥した状態がなかなか改善されないとお悩みの方、毎日のスキンケアのやり方を見直しが必要かも知れません!

間違えたお手入れ方法で肌の乾燥を深刻にしている可能性が…

保湿力に優れたものや高い基礎化粧品を揃えて使っているのに、乾燥がなかなか改善されない方はお手入れの仕方に問題があるかもしれません。

まず、見直したいのがクレンジングと洗顔。ファンデーションなどのメイク汚れが残ったままだと皮脂と汚れが混ざり合い、毛穴詰まりの原因になってしまいます。また、クレンジング料を肌の上に長い時間置いていたり、ゴシゴシこすり洗いをすることも肌への負担がかかってしまいます。

メイクをしっかり落とそうとしてクレンジングや洗顔にたっぷり時間をかけている方は、クレンジングの前にスチーマーやホットタオルを当てたり、湯船に浸かってメイクをある程度浮かしてからクレンジングと洗顔に取り掛かることをおすすめします。クレンジングは1分程度を目安に行うといいと言われていますので、どのくらい時間をかけているのかチェックもしてみてくださいね。

冬は寒いからといって熱いお湯を使うと乾燥が深刻に…

寒くなる冬は、朝と夜の洗顔時に熱いお湯を使いたくなりますが、熱めのお湯は肌に必要な潤いや皮脂まで洗い流して乾燥スピードを速めてしまいます。顔を洗うときには、35℃程度のぬるめのお湯を使ってくださいね。冷水を使うと肌が引き締まる感じがしますが、寒い冬に冷水で顔を洗うとほてりの原因になる場合があるので注意が必要です。

また、乾燥対策に欠かせない化粧水や乳液は叩き込むようにつけたり、コットンで擦るのは禁物!乾燥した肌にとって強い刺激となり、赤ら顔や色素沈着を引き起こす可能性があります。

手でつけるときには、手のひらに化粧水や乳液を乗せて両手で温めてから優しくハンドプレスするように顔全体にゆっくりと馴染ませましょう。目元や口元などの乾燥が気になる部分には再び重ねづけして優しく抑えるイメージで肌に馴染ませます。

コットンを使う際には、肌に摩擦を与えないように化粧水や乳液をコットンがヒタヒタになるくらい含ませ、肌にゆっくり優しく馴染ませてくださいね!

スキンケアの基本のやり方を見直して乾燥予防を

どんなに高くていい基礎化粧品を使っても、スキンケアのやり方が間違えていると肌荒れや乾燥を深刻化させてしまうかもしれません。冬は特に優しく丁寧なスキンケアを心がけて、乾燥しらずのもちもちしっとり肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事