30代でも更年期になる?若年性更年期障害とは?原因や主な症状

30代でも更年期になる?若年性更年期障害とは?原因や主な症状

昨今、各種メディアで「若年性更年期(障害)」「プレ(プチ)更年期」という言葉が飛び交うようになりました。「もしかして私も!?」と戸惑う人は少なくないでしょう。若い女性に更年期症状と似た症状が現れるのはなぜなのか。
今回はその原因と対策についてお伝えします。

30代に急増中?若年性更年期障害とは?

そもそも「更年期」というのは、閉経を境にその前後約5年の計10年間ほどの期間を指します。日本では女性の平均的な閉経年齢は50歳ですから、個人差はあるものの45~55歳くらいの年齢にあたります。

更年期になると、加齢によって卵巣機能が徐々に低下するため、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンの分泌はゆるやかに減少します。ところが脳の司令塔である視床下部は、エストロゲンの分泌が減っているのを受けて、エストロゲンをもっと出すよう指令を送ります。

このようなホルモンのアンバランスが自律神経の働きにも影響して機能を乱すことで、「月経不順」に加えて「のぼせやほてり」「イライラや抑うつ」「疲労感や不眠」などさまざまな症状を感じやすくなるのです。更年期症状の出方や感じ方は個人差が大きいものですが、その中でもとくに症状が重く、日常生活や社会生活に支障が出る状態を「更年期障害」と呼んでいます。

そして、最近20~30代の女性に、更年期と同じような不調を訴える人が増加しているといいます。更年期にはまだ年齢的に早いことから、一般的に「若年性更年期(障害)」「プレ(プチ)更年期」などと呼ばれるようになりました。

しかしながら、実は医学的には「若年性更年期(障害)」という言葉や概念は存在しません。なかには、20~30代でも卵巣機能が低下して閉経と同じような状態になる「早発卵巣不全」「早発閉経」という病気もありますが、これはごく稀です。

「若年性更年期障害」になる原因

若い女性に更年期と似た症状が現れる大きな原因として、過労やストレス、不規則な食生活や睡眠不足など、生活習慣の乱れが指摘されています。

卵巣から分泌されるホルモンは脳の視床下部によってコントロールされていますが、視床下部は自律神経の中枢でもあります。ですから、ストレスや生活習慣の乱れなどで自律神経のバランスが崩れると、それと連動して卵巣からのホルモン分泌も乱れて不安定になり、更年期と似たさまざまな症状が出てくるのです

また、過度のダイエットや選手並みの激しいスポーツなどをしている人の場合、身体の状態を脳が察知して、生命維持を優先させるよう指令を送り生殖機能を停止させます。そうすると排卵が止まり、月経不順や引いては無月経を引き起こします。

一方、月経はほぼ順調なのに更年期と似た症状がある場合は、PMS(月経前症候群)の可能性も考えられます。気になる心身の不調が、次の月経開始予定日の約3~10日ほど前に定期的に現れ、月経開始とともに軽快してすっかり症状がおさまるようであれば、多くはPMSと考えてよいでしょう。

このように、加齢による更年期の不調と20~30代で起こる不調は、症状は似ていても原因は異なるのです。

さらに、症状の陰に甲状腺機能亢進症・低下症などの甲状腺疾患や、うつ病などの精神疾患などの病気が潜んでいる場合もありますから、注意が必要です。

「若年性更年期障害」の主な症状

ホルモンバランスの乱れによる症状

ストレスや生活習慣の乱れ、無理なダイエットなどが原因で、月経不順とともに起こる20~30代の身体的・精神的不調には、たとえば次のような症状が挙げられます。

<身体的な症状>
ほてり、のぼせ、手足や腰の冷え、息切れ、動悸、疲れやすい、寝つきが悪い、眠りが浅い、めまい、吐き気、頭痛、肩こり、腰痛 など

<精神的な症状>
興奮しやすい、イライラ、怒りっぽい、不安感、くよくよして憂うつ など

PMSの症状

参考までに、PMS(月経前症候群)による身体的・精神的不調の代表的な症状の例を挙げてみましょう。PMSで精神的な不調を感じる人の中には、自分で感情をコントロールできないほどの状態になる人もいます。ただし、症状は決まって月経前に生じ、月経が始まるとウソのように治まってしまうのが特徴です。

<身体的な症状>
下腹部や乳房の痛みや張り、手足のむくみ、眠気、便秘、頭痛、ニキビなどの肌荒れ、肩こり、腰痛、冷え、食欲増進 など

<精神的な症状>
イライラ、怒りっぽい、情緒不安定、憂うつ感、集中力の低下、気力の減退 など

「若年性更年期障害」かもと思ったらどうしたらいい?

ストレスや過労、不摂生な生活などによるホルモンバランスの乱れが原因の場合には、まずは生活習慣を見直す必要があります。

ストレスの原因をなくすことがベストですが、根本的になくすというのはなかなか難しいので、自分に合ったストレスの解消法やリラックス法を見つけてみましょう。ウォーキングなどの軽い運動やストレッチは血行が良くなります。ぬるめの温度で湯船に浸かると副交感神経が優位になるので、高ぶった神経が落ち着き、リラックス効果をもたらします。

短期間で無理なダイエットをしない、食生活の偏りに注意して3食バランスよく食べる、規則正しい睡眠リズムを保つなど、生活のリズムを整えることもホルモンの働きを促すためには大切です。

ホルモンバランスの乱れによる月経不順や心身の不調には、生活習慣改善のカウンセリングや、漢方や低用量経口ピルなどの薬物療法による治療を行うこともあります。

一方、PMSかな?と思ったら、自分の心身の不調がどんなパターンやタイミングで起こっているか、月経周期と併せて体調も記録してみましょう。パターンやタイミングを把握していると、不調が起こりやすい時期は無理せず過ごすなど、自分の心身に向き合いながら生活を調整しやすくなります。
なお、病院などでPMSと診断された場合には、主に生活指導などのカウンセリングや薬物療法(鎮痛剤や向精神薬、漢方、低用量経口ピルなど)で治療を行います。

また、無月経は長く放置すればするほど治療しても回復が難しくなります。2~3ヵ月続くようなら早めに原因を調べることが重要です。早発閉経なのか、ホルモンバランスの乱れなのか、原因の見極めが治療のポイントになります。

まとめ

ここまで見てきたように、更年期による不調と20~30代で起こる更年期に似た不調は、症状は似ていても原因は別にあることが多いのです。20~30代で更年期と似た症状を感じると、「もう更年期?」と焦りや不安に駆られるかもしれませんが、心身の不調を感じたら、まずは生活習慣を振り返って体調を整えましょう。そのうえで、月経不順や心身の不調が長く続いている、症状が日常生活にまで支障を来すようになった…という場合は、病気が潜んでいる可能性も考えられますから、ためらわず早めに婦人科を受診しましょう。

執筆:青井 梨花(助産師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事