足が臭くて靴を脱ぐのが怖い…足の臭いの原因と対策法を大調査!

足が臭くて靴を脱ぐのが怖い…足の臭いの原因と対策法を大調査!

汗をかきやすい夏、ブーツなどを履いて蒸れやすい冬…足の臭いは一年中気になるものです。人前で靴を脱ぐのがはばかられたり、身近な人の足の臭いに悩まされたりしてはいませんか?足の臭いの原因と対策法を知り、快適な冬を過ごしましょう。

足が臭い原因は?なぜ足は臭うの?

誰もが少なからず嗅いだことのある足の嫌な臭い。なぜ足は臭くなるのでしょうか。

足は一日でコップ1杯分ほどの汗をかきますが、それだけで臭いが発生するわけではありません。足の裏には「エクリン腺」と呼ばれる汗腺が密集していますが、エクリン腺からの汗はほとんどが水分で、基本的には無臭です。

ところが、足にはさまざまな「常在菌」と呼ばれる雑菌が多く住みついています。常在菌は皮膚や爪の汚れ、皮脂などをエサとして分解します。このとき発生する代表的な分解臭に「イソ吉草酸(きっそうさん)」という低級脂肪酸があり、足の臭いの主要な発生源となっています。これは納豆にも含まれていて、少量でもツンとした臭いがします。

さらに、一日中同じ靴を履いていたり、たくさん汗をかいたりすると、足は蒸れて不潔な状態になります。なかでも、緊張すると汗をかきやすい人は要注意。エクリン腺はストレスの影響を受けやすく、日々精神的な負担を抱えている人は、自分で思っている以上に足の裏にも汗をかいている可能性があります。

臭いの原因となる菌は、高温かつ多湿の環境になると繁殖しやすいという性質を持っています。足が常に蒸れやすく不潔な状態でいると、菌が繁殖して臭う⇒さらに足の臭いが精神的なストレスになる⇒ますます汗をかいて足の環境が悪化する……といった負のループに陥りかねません。

簡単なケアで改善できる!足の臭さを改善させるセルフケア対処法

臭いの悪循環を断つためには、足そのものと、靴下や靴などの環境の両方に対策を施すのがおすすめです。

足のセルフケアは、一言でいうならば「清潔」に保つことに尽きます。皆さん、毎日のお風呂できちんと足を洗っていますか?シャワーで簡単に流すだけ、というのはご法度。菌のエサとなる古い角質や皮脂が溜まっているかもしれません。石鹸を泡立てて、足の指1本1本や、指の間もしっかり洗いましょう。

お風呂上がりには、水分をよく拭き取った上でクリームなどでの保湿を忘れずに。とくに臭いが気になる場合は、殺菌効果のある石鹸を使う、または汗の臭いを中和する効果のあるアルカリ性の重曹で洗うという方法もおすすめです。

さらに、爪のケアも大切で、長すぎると汚れが溜まりやすくなります。かといって深爪も逆効果で、出血したり傷ができたりしていると、そこから菌が入り化膿して足が臭う原因になります。

まずは日頃の足のケアを見直してみましょう。

靴下・靴に気をつけるだけで足の臭さは軽減できる

靴下や靴を「清潔」に保つ、こちらもすぐにできる対策です。

一日中靴を履いて過ごす人は、予備の靴下やストッキングを2~3足持ち歩き、何度か履きかえるようにしてみましょう。

また、毎日同じ靴を履かず、履きやすい靴を何足か用意して交互に使いましょう。「1日履いた靴は2日陰干しする」というペースを習慣化すると、菌の繁殖を抑制する効果があります。帰宅後は、靴に防臭剤や除菌・消臭用のパウダーやスプレーなどをかけましょう。環境のお手入れに気を使うだけでも足の臭いは軽減できます。

足の臭さがひどい!こんな場合は病気かも

このような対策を取り入れてもまだ足の臭いがキツイときは、もしかすると病気が関わっているかもしれません。

まず注意したいのは水虫です。
常在菌は誰の皮膚にも住んでいますが、水虫の原因となる「白癬菌(はくせんきん)」に感染していると、皮膚が荒れて抵抗力が落ちます。そうするとさまざまな常在菌が入り込み、強い臭いを発するようになります。

水虫は足の指の間にできて痒いというイメージが強いでしょう。しかし、足の裏に水疱ができたり、踵がガザガザになってヒビ割れしたりするタイプの水虫もあり、必ずしも痒みがでるとは限りません。

カビの一種である白癬菌も、高温多湿を好みます。足は白癬菌が繁殖しやすく、水虫が治りにくい環境です。気になる場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

また、持病に糖尿病がある人も要注意です。免疫力が低下して、水虫などの感染症にもかかりやすくなっています。さらに高血糖の状態が長く続くと、手足など抹消の神経が侵されて足の指先がしびれる、感覚が鈍くなる、といった症状が出ることがあります。そうなると、水虫の症状に気がつかないという可能性もあるのです。

多汗症という病気も考えられます。とくに局所性多汗症は、足の裏から床が濡れるほどの汗をかいたりします。遺伝的な「原発性」のほか、甲状腺機能亢進症や低血糖などの原因となる病気が潜んでいる場合もあります。

人目に触れる機会が少ない足のケアは、ついつい手を抜きがち。入浴時など、一日に1回はよく見て、気になる症状を放置しない心がけが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
これまで見てきたように、足の臭いの対策はすぐに取り入れられる方法ばかりです。足が臭くて靴を脱ぐのが怖い……という羽目に陥る前に、日常の足のケアに目を向けてみましょう。臭いの不安が解消されれば、大事な場面でも自信を持って過ごすことができますね。

執筆:井上 愛子(助産師・保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事