年末年始の食べすぎを脂肪に変えない!無理なくデトックスする方法

年末年始の食べすぎを脂肪に変えない!無理なくデトックスする方法

楽しいイベントが盛りだくさんで、美味しい食事をする機会が多い年末年始。毎年、この時期に太ってしまうという方も少なくないのでは?そこで、年末年始の食べすぎを脂肪に変えない!しかも、無理なくデトックスできる3つの方法をご紹介します。

正月太りの原因は、年末年始の食べ過ぎだけじゃないの?

クリスマスや忘年会、年末年始の長期休暇で太ってしまうというのはよく聞く話。では、どうしてこの時期に太りやすいのか、その原因を今一度考えてみましょう。

【年末年始、正月太りの原因は?】
<暴飲暴食から脂肪がつきやすい>
冬は、クリスマスに始まり、年末年始の忘年会や新年会など、行事が短い間に次々とやってきます。特に年末はカロリーの高いものを食べる機会が多いです。また、お酒もたくさん飲む機会も増えます。このような機会が続くと、太ってしまう確率はかなり高くなります。また、冬は寒さに備えて身体が脂肪を蓄積しようと食欲旺盛になり、カロリーを摂り過ぎたり、甘いものを食べ過ぎたりするようです。冬に甘いものが美味しいのは、そんな脳の欲求を満たしているからと言われています。

<体内時計が狂う>
年末年始の休みは、仕事をされている女性も専業主婦の方も、自分や家族の長期休暇によっていつもと違う生活時間になります。普段より遅く起きて、つい夜更かしをしてしまう日が多い方もいるのではないでしょうか?いつもと異なる「遅寝遅起き」で体内時計が狂うと、代謝を上げるために必要な成長ホルモンの分泌が低下します。また、日照時間が短い冬に遅く起き、朝日を浴びない日が続くのもよくないそうです。精神が不安定になり、食欲がコントロールできずに太ることもあると言われています。

<運動不足から代謝が低下>
年末年始休みは、寒さのために活動量が低下し、外に出て体を動かそうとはなかなか思わなくなります。寒さから身を守るように体を丸めるため、日常動作から活動量が小さくなり、部屋の中であまり動かないという生活が続けば、当然代謝は低下します。そして、代謝が落ちるだけでなく筋肉量も低下していきます。筋肉は体を動かすだけでなく、体の熱を作る発電所のような役割も果たしていると言われています。運動不足になり筋肉量が低下すると、いわゆる「太りやすく、冷えやすい体」になり、筋肉量は、意識していないと年齢とともに低下していくと言われています。

年末年始の食べすぎを脂肪に変えない方法

食べすぎた翌日の体重が増えてがっかりということありませんか?翌日の体重増加は「食べた分の重さ」が体重に反映されているだけで、しっかりリセットすれば体重は2~3日で戻すことができます。しかし、何もせずに食べ続ければ、脂肪になって身体に定着してしまいます。

食べ過ぎた分のエネルギーは、すぐに脂肪になるのではなく、一旦肝臓に運ばれます。そこで余分な糖質や脂肪が脂肪細胞に蓄えられ、余分なたんぱく質(アミノ酸)は尿として排出されます。肝臓にストックされている時間は、約48時間と言われています。この48時間の間に食べ過ぎてしまった分を調整すれば、身体に定着しないのです。食べたものが脂肪として定着する前に、しっかり対策することが大切です。そこで、3つの対策方法をご紹介します。

【食べ過ぎを脂肪に変えない3つの方法】
<極端な食事制限をしない>
断食や○○だけを食べる、などのような極端な食事はよくありません。偏った食事では栄養のバランスが悪くなり、基礎代謝量が落ちて、新陳代謝が悪くなることもあります。バランスよく食べることが大切です。たんぱく質は欠かさず、主食である炭水化物を減らすのがおすすめです。

<野菜をたくさん食べる>
野菜に含まれる栄養素のひとつである食物繊維。食物繊維には、水溶性のものと不溶性のものがあります。その中で、水溶性の食物繊維には腸での脂肪吸収を抑える働きがあります。野菜はたくさん食べることによって満腹感も得られます。水溶性食物繊維を多く含む野菜をたっぷり摂るようにしましょう。水溶性食物繊維を多く含む野菜には、キャベツ、大根、玉ねぎ、ごぼうがあります。

<ビタミンB群で代謝を促す>
ビタミンB群を含む食品には、三大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)の代謝を促す作用があります。これらの栄養素は骨や筋肉、血液となって身体を作ってくれるものですが、上手に使わないと、脂肪となって身体に定着してしまいます。ビタミンB群をきちんと摂取することによって、三大栄養素が脂肪になることを防ぎ、身体に必要な栄養としての力を発揮してくれるようになります。糖質の代謝をアップさせる「ビタミンB1」は大豆、脂質の代謝をアップさせる「ビタミンB2」は納豆、たんぱく質の代謝をアップさせる「ビタミンB6」はにんにくに含まれています。
いかがでしたか?食べ過ぎたあと、脂肪になり定着するには約7~10日かかると言われています。身体に定着してしまった脂肪をダイエットで落とすのは大変です。楽しいイベントが続く年末年始に食べ過ぎてしまった時は、48時間以内の食事でリセットを意識しましょう!

 Profile
<執筆>
増子 光世(ますこ みつよ)
日本ビューティーフード協会インストラクター
−10kg のダイエットに成功したことを機に美容や健康にいいことを日々研究中。
ブログ:https://ameblo.jp/shining-warld/

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事