エイジングケアもしたい!30・40代の敏感肌さん向け化粧水の選び方

エイジングケアもしたい!30・40代の敏感肌さん向け化粧水の選び方

若い頃は全く気にならなかったのに30〜40代になった途端、肌が乾燥したり、ヒリヒリと敏感になりだした…と悩み始める方が多いようです。これまで使ってきた基礎化粧品が肌に合わなくなってしまった30〜40代の敏感肌さんの化粧水選びについてご紹介します。

30〜40代になって肌が敏感に…

10〜20代の頃は、潤いがきちんと実感できて肌がピンとしていたのに、30〜40代のお肌の曲がり角になると、洗顔やクレンジング後のツッパリ感や、くすみ、ハリの低下など肌質が大きく変化していくと言われています。

30〜40代になるにつれて肌に必要な皮脂が少なくなり、肌が乾燥して外部の刺激を受けやすく、敏感な状態に傾いてしまうことも少なくありません。健康な肌と比べると、敏感肌の場合は乾燥や紫外線などの刺激を受けやすく、しみ・くすみ・ハリ・しわなどの肌悩みが出やすい傾向にあるため注意が必要です。

30〜40代の敏感肌さんに最適な化粧水の選び方

30〜40代の敏感肌さんは、保湿はもちろん、ハリやしみにアプローチできる化粧水を選ぶことをおすすめします。おすすめの保湿成分は、抱えた水分を離さないものやうるおい力の高い「セラミド」「ヒアルロン酸」「NMF」など。アルコールや合成香料などは敏感な肌にとって刺激となる場合があるのでなるべく避けつつ、初めて使う基礎化粧品は顔の目立たない部分(フェイスラインなど)に少量つけて肌にトラブルがないか確認してから顔全体に使ってみてくださいね。

また30〜40代の肌質は著しく水分量と油分量が減少していくと言われています。保湿効果の高い化粧水で水分を補っても、そのままにしておくとどんどん潤いが蒸発してしまうため、保湿クリームや乳液の油分を肌に補給していくことも大切ですよ。

さらに敏感肌さんは肌のバリア機能が低下してちょっとした刺激にも過敏になっています。紫外線の影響をダイレクトに受け、肌のターンオーバーが遅くなってどんどんメラニンが蓄積されていくと、シミやくすみ、シワなどにつながる可能性が…。低刺激の日焼け止めクリームを使って1年中紫外線対策をしていきましょう!

うるおいをたっぷり与えて敏感なお肌を優しくケア

30〜40代の敏感肌さんは特に保湿効果の高い化粧水を使いつつ、肌の刺激となる成分が含まれていないものを選び、紫外線対策を念入りに行うことがポイントです。化粧水をつけるときには手のひらで包み込むように丁寧に馴染ませて刺激を与えずに肌を潤わせてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事