ニキビができている肌に最適なクレンジングの選び方ポイントとは?

ニキビができている肌に最適なクレンジングの選び方ポイントとは?

ニキビを隠そうとしてファンデーションを厚めに塗ったり、コンシーラーを重ね塗りする、なんてこともありますよね。しかし、落としきれずに残ったメイクで、ニキビを悪化させてしまうことも。ニキビができた肌に適したクレンジングを選ぶことも大切です。

ベースメイクでニキビを隠したときはクレンジングをしっかりと!

ファンデーションやコンシーラーを重ね塗りしてニキビをカバーした日は、より念入りにメイクを落とさないと毛穴が詰まって余計にニキビが悪化してしまう可能性があります。ニキビを悪化させないためにも、まずはクレンジングを見直していくことが大切ですよ。

ニキビ肌にぴったりなクレンジング料の選び方

クレンジング料にもさまざまな種類があり、ニキビができている肌に何を使えばいいかわからない…と頭を抱える方も少なくないのでは。ニキビができている肌は、きちんとメイクを落とせるけれどニキビを悪化させないクレンジング料選びをすることがポイントです。

特にニキビ肌に最適だと言われているのが「ノンコメドジェニックテスト済みのクレンジング」「オイルフリーのクレンジング」の2つ。ニキビができにくい製品かをチェックする試験をした「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載されたものを確認して選ぶこと、または、オイルはニキビの原因菌「アクネ菌」の栄養源になってしまうため、オイルが使われていないオイルフリーのクレンジング料を選ぶことをおすすめします。

ニキビ肌用として開発されたクレンジング料でオイルフリーではないものもありますが、ニキビ用なのでアクネ菌が繁殖しにくいオイルを使っていることもあると言われています。

ニキビができた肌に使えるクレンジング料を選んだら、正しいクレンジング方法でやさしく丁寧にメイクを落としていきましょう。ニキビができた部分はとてもデリケートな部分でもあるため、肌をごしごし擦るようにメイクを浮かせていくのは禁物!ニキビを潰さないように適量のクレンジング料を手のひらに取って慎重にクレンジングをしてくださいね。コットンを使った拭き取りクレンジングやシートタイプのクレンジングは、うっかりニキビを傷つけてしまう場合があるのでなるべく避けた方がいいでしょう。

ニキビができているときはメイクを休むことも大切

仕事で平日はしっかりベースメイクをしているという方は、お休みの日はメイクも休憩して肌を労ってあげることも重要ですよ。クレンジング料を使わずに石鹸で落とせるミネラルファンデーションや日焼け止めを活用して、ニキビ改善に努めてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事