冬肌の【保湿】は洗顔から! 【洗顔の大正解】メソッド

冬肌の【保湿】は洗顔から! 【洗顔の大正解】メソッド

屋外&オフィスの乾いた空気や寒さにさらされて、悲鳴をあげている冬の肌。乾燥に負けないためにはあらゆる手を尽くして戦わなければ! なかでも、お手入れの最初のステップ=落とすケアが大切。美容家・小林ひろ美さんが、保湿のための洗顔の正解ワザを指南。ここをちゃんとするかしないかでうるおい方がグンと違ってくるので慎重に!

◆教えてくれるのは……

美容家 小林ひろ美さん
独自の理論と美容テクで人気。今回は乾燥対策の王道ワザからニッチテクまでを幅広く教えてくれた。

洗顔料を顔の上で泡立ててない? 逆さでも落ちないボリューム泡で洗顔

洗顔時も“こすらない” はルール。
「泡は転がしてナンボ。手と肌の間に泡がある状態を保ち、泡に汚れを吸い取らせる要領で洗います。顔に洗顔料を直接つけて泡立てる人がいるけど、もってのほか!」
手に洗顔料を取ったら、水と空気を上手に混ぜて泡立て、レモン1個分以上の泡をつくろう。

エリアによって違う皮脂量を見据えて 時間差洗顔でTゾーンとUゾーンを“揃える”

「顔は“丸洗い” 禁止。全体を一度に洗うのではなく、脂っぽいTゾーンを先に、乾きやすいUゾーンを後に洗顔。そうすることでTゾーンとUゾーンが同じ肌質に近づきます」
より細かく言うと、順序は鼻→あご→額→頰。これでTゾーン洗顔とUゾーン洗顔の間が20~30秒はあくはず。

■脂っぽい部分を先に洗顔
1のTゾーンとあごが先、2のUゾーンは後。Uゾーンは内から外に向けて手を回転させ、たまに逆回転を混ぜて。

お風呂のお湯じゃ熱すぎる 洗い流しは34〜37度のぬるま湯で

「熱いお湯で洗い流せば、うるおい防御の『フロントロウ』である角層のバリア機能が弱くなって、内側まで乾燥が進んでしまいます。だからすすぎはぬるま湯で。できれば34度くらい、せめて体温程度(37度)まで温度を下げて」
また、熱いお湯のシャワーでは流さないこと!

■すすぎはしっかり
顔に垂直にぬるま湯を当て、顔の側面は横向きで丁寧に流す。小鼻の横がすっきりしたと感じるまで流し続けて。

タオルでガシガシはご法度 拭かずに“水分転送”で肌のキメ創出

洗顔後の拭くプロセスも“摩耗系女子” を生み出す元凶のひとつ。
「タオルは肌にふわっと当てて、水分をタオルに吸い取らせるつもりで。こすらず、摩擦を起こさずの動作が、肌のキメを守り、美肌をつくります」

撮影/向山裕信(vale.) ヘアメイク/藤本希(cheek one) スタイリング/程野祐子 モデル/甲斐まりか イラスト/Ayumi Nishimura 取材・文/入江信子 構成/佐野桐子

関連キーワード

関連記事