美容効果抜群の卵の気になるコレステロール!1日何個までOK?

美容効果抜群の卵の気になるコレステロール!1日何個までOK?

卵は美容効果に優れた栄養素を多く含む万能食材ですが、コレステロールを気にするあまり、1日1個までなどと言われたりもします。せっかく美容効果に優れた食材なんだから、たくさん食べてキレイになりたいですよね!実際は何個ぐらいまでOKなんでしょうか?

「卵は1日1個まで」はもう古い?美容のためにもっと卵を食べよう!

卵はさまざまな料理で使用されます。そしてその高い栄養価がうれしい美容効果をもたらしてくれますが、「卵は1日1個まで」。かつてはそんなルールがありました。

その理由はコレステロール。卵にはコレステロールの成分が1つあたりにおよそ200〜240mgほど含まれています。以前は日本人の食事摂取基準に、コレステロールの摂取基準があったため、卵はその基準をオーバーしていましたが、2015年の改訂によって、コレステロールの摂取基準が削除されました。

コレステロールは、肝臓で1日に必要な分が作られるようで、食事からコレステロールを摂取しても、体内でバランスが調整されるため、実際にコレステロールが吸収されるのはその一部なのだそう。

そのため、1日1個どころか、2個、3個食べても問題ないと考えられています。しかし毎日何個も食べていると、さすがにカロリーオーバー。3個程度までに押さえておくのがよいでしょう。

コレステロールはそこまで気にしなくてOK!卵の美容効果を実感しよう!

何となく悪いイメージがあるコレステロールですが、実は脂質の一種。何を隠そう、私たちが生きる上で必要な栄養素とも考えられています。コレステロール値が高いと体に良くない一方で、実は低すぎるのもガンの死亡率があがるなど、体にとっては良くないのだとか。

そう考えると、卵はコレステロールも含めて優れた栄養素だらけなんです。

そんな卵の栄養素をできるだけ摂取するなら生がおすすめだそう。熱を加えるとビタミン類など、失われてしまう栄養素がありますので、美容のためにも生でいただくのが良いでしょう。

美肌やホルモンの元になるとも言われている、美容効果満載の卵。コレステロールを気にしていた人も、1日2〜3個食べて健康効果も実感してみてはいかがでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事