鼻毛の抜き過ぎに注意!乾燥が悪化して風邪を引きやすくなる?

鼻毛の抜き過ぎに注意!乾燥が悪化して風邪を引きやすくなる?

鼻毛は常に陰にいてほしいものですが、時には出てしまうことも!印象を台無しにする破壊力を持つ鼻毛ですから、飛び出しを恐れるあまり全ての鼻毛を処理してしまう人も!しかしこれは乾燥を招いて風邪を引きやすくなるなど健康面のデメリットもあるのだとか!

鼻毛って必要?全処理は健康を損なう恐れも?

鼻の形によっては、鼻毛がすぐ見えてしまう人もいれば、見えにくい人もいます。鼻毛の飛び出しを恐れて、全ての鼻毛を処理してしまう人もいるかもしれませんが、そもそも鼻毛は何のために存在しているのでしょうか。

鼻は空気の出入り口。のどや肺などを守るために、ホコリやウィルスを体内に吸い込まないように、鼻毛はフィルターの役目があるのだそう。

また、鼻の奥には粘膜があり、粘液によって潤っています。鼻毛はこうした鼻腔内の乾燥を防ぐために湿度を保つ役割もあるのだとか。

さらに言えば、こうした粘液が鼻水を作り出してゴミやホコリを排出していると言われています。

つまり鼻毛を大量に抜いてしまうと、鼻腔内の潤いが保たれずにゴミやホコリが侵入して風邪を引きやすくなるなど、健康面でも影響が出てしまうのです。

抜くか?切るか?鼻毛処理法のおすすめはどっち?

鼻毛の処理は、主に「抜く」か「切る」ですが、抜くのはあまりおすすめできません。とくにワックスを使ってごっそり抜いてしまうのは、前述の通り、風邪を引きやすくなるなど、健康面の影響が出てきます。さらに鼻腔内の粘膜に負担をかけることにもつながるので注意が必要です。

鼻毛カッターやハサミで「切る」方法は、比較的鼻の中への負担も少なく済むうえ、処理する鼻毛の長さや量を調整しやすいので、こちらの方がおすすめです。

先が尖ったハサミは、鼻の穴の中を傷つけてしまう恐れがありますので、鼻毛用の先が丸いハサミを使用して処理するようにしましょう。

とくに冬のように乾燥している季節は、鼻毛の役割がとても重要になりますので、処理しすぎないで、適度に残すように調整してください。

見た目には印象が悪いですが、健康のためにも鼻毛はとても重要なんですね。美しさを保つためにも、見える範囲に絞って処理するように心がけましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事