糖質の吸収をブロックする!? 白インゲン豆に含まれる意外な成分とは

糖質の吸収をブロックする!? 白インゲン豆に含まれる意外な成分とは

年末年始はイベントが多いことからついつい食べ過ぎてしまい、体重計を見てがっくりと落ち込んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな時におすすめなのが白インゲン豆!白インゲン豆にはあるダイエット成分が豊富に含まれているんです。

ダイエットに◎白インゲン豆に含まれる栄養成分について

白インゲン豆は中南米が原産のマメ科の一年草です。価格も安く、タンパク質・カルシウム・鉄分・食物繊維など栄養バランスも非常に優れているため世界中で最も食されている豆類と言われています。

また、この白インゲン豆には「ファセオリン」と呼ばれるダイエット成分が豊富に含まれていることから、無理な食事制限をすることなくスムーズに減量効果を実感できるんだとか!

この「ファセオリン」がなぜダイエットに良いかと言うと、炭水化物を分解する酵素「α-アミラーゼ」の働きを抑制する作用があるからです。通常、炭水化物などのデンプン質はα-アミラーゼによってブドウ糖に分解され、生命活動のためのエネルギー源となります。

ただし、デンプン質の摂取量が多く、使い切れないとブドウ糖は脂質に変わり体脂肪として体内に蓄積されていくのです。一方、ファセオリンはα-アミラーゼの働きを邪魔することから、デンプン質がブドウ糖に分解するのをブロックし、そのまま体外へ排出されるため脂肪になるのを防いでくれます。

白インゲン豆を使ったおすすめのレシピ〜白インゲン豆のカスレ〜

白インゲン豆のカスレのレシピをご紹介します。カスレとは肉や野菜と一緒に白インゲン豆を煮込んだフランス南部、ラングドック地方の伝統料理のこと。そのまま食べるのはもちろん、バゲットの上に乗せて食べるのもおすすめです!

【白インゲン豆のカスレの作り方】
<材料>
・白インゲン豆(缶詰) 200g
・豚バラ肉 200g
・ソーセージ 4本
・玉ねぎ 1/2個
・セロリ 1/2本
・ニンニク 1片
・トマト缶(ダイス)1/2缶
・白ワイン 1/2カップ
・水 2カップ
・ローリエ 1枚
・サラダ油 大さじ1/2
・オリーブオイル 大さじ2
・塩胡椒 適量 
・固形スープの素 1個 
・バン粉 適量

<作り方>
1.玉ねぎ・セロリ・ニンニクは薄切りに、ソーセージは2〜3等分に切ります。
2.豚バラ肉は3cm角にカットし、塩(小さじ1杯程度)をまぶしてラップに包み、一晩冷蔵庫で寝かせましょう。(こうすることで味がグッと奥深くなります。)
3.2の豚バラ肉の表面についた塩を流水でさっと洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取りましょう。
4.フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚バラ肉を5分程焼いて一旦取り出します。
5.4のフライパンに玉ねぎ、セロリ、ニンニクを加えしんなりするまで炒めていきましょう。
6.5の野菜を鍋に入れ、トマトを加え木べらでつぶしながら強火で加熱します。
7.ふつふつと煮立ってきたら4の豚バラ肉・ソーセージ・白インゲン豆・水・白ワイン・ローリエを加えます。
8.固形スープの素と塩コショウで味を整え、時々混ぜながら50分ほど弱火でじっくり煮込みます。
9.耐熱容器に8を平らにのせ、パン粉とオリーブオイルをふりかけます。トースターでパン粉がこんがりと色づくまで10分程焼いて完成です。

いかがでしたか?白インゲン豆の成分に活躍してもらって、ダイエットに効果が出ると良いですね!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事