新年は初詣で心をリフレッシュ!おみくじの順番や初詣の効果とは?

新年は初詣で心をリフレッシュ!おみくじの順番や初詣の効果とは?

今年もいよいよ残りわずか! 新しい年は良い年にしたいと思っている方も多いのでは? そんなときは神社やお寺へ初詣に行き心のリフレッシュをしてみてみるのもおすすめ。初詣がもたらすとされる嬉しい効果や気になるおみくじの順番についてご紹介します。

初詣が心のリフレッシュにつながる理由と嬉しい効果

初詣に行くと、気分がすっきりしたり、心が元気になるという方も多いと言いますよね。その理由のひとつに、神社仏閣や教会のような神聖といわれる場所に立つと、自然と、去年までの自分を振り返って反省したり、新年こそは〇〇しよう!と気持ちが引き締まって前向きな気持ちに変わることが、心のリフレッシュにつながり、自分に良い効果をもたらすと言われています。

お願い事をする際は「〇〇に受からせて!」「素敵な人を紹介して!」といった他力本願的なものでは効果が薄いそう。「去年より3倍の時間勉強します。」「素敵な人をゲットするため〇〇をはじめます!」というように、より具体的な言葉で宣言するような形で行うと、自分の中にある内なるパワーが高まり効果も上がるそう! ぜひ試してみたいですよね。

おみくじは吉凶の順番よりも、メッセージを心に受け止めて!

大吉、吉、凶といったおみくじの順番って、毎年、気になりませんか? 中でも、吉、中吉、小吉といったところの順番がわかりにくかったり、気になると思うのですが、おみくじの順番というのは、実は神社によって、以下のように異なるんだそう!

大吉→吉→中吉→小吉→末吉→凶→大凶
大吉→中吉→小吉→吉→末吉→凶→大凶 など

おみくじの順番というのはあくまで目安くらいにとらえるのが相応で、どの神社のおみくじでも一番大事とされるのは、そこに書かれているメッセージ。

大吉でも「油断すれば落ちる一方なので注意せよ」といった厳しいものから、凶でも「これから上がっていくから努力を怠るな」といった励みになるものまでいろいろあるので、自分の今の状況に照らし合わせて、日々の生活に活かしていくことが運気アップのポイントになるそうです。

引いたおみくじはお守りや自分への戒めとして持ち帰っても良いし(この場合は来年の初詣といった際に神社などに納めます)、凶などあまり嬉しくないおみくじが出てしまったときは、その場に結んで帰ってもOK。いずれにしても、メッセージを素直に受け止め自分の中に活かしていくことが大切とされています。

神社仏閣などの神聖なエリアは、そこに行くだけでも不思議なパワーをもらえるとか?! 普段はあまり行かないエリアかもしれませんが、新しい年のはじめに、心をリセットする良い機会として訪ねてみては?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事