敏感肌さんは乳液・クリームどっちを使うべき?正しい塗り方も

敏感肌さんは乳液・クリームどっちを使うべき?正しい塗り方も

化粧水や美容液を塗れば乳液やクリームは必要ない、と思われる方もいるかもしれません。ですが、少しの刺激でも肌に負担がかかりやすい敏感肌さんは乳液やクリームをきちんと使った方がいいそうです。敏感肌さんの乳液やクリームの選び方をご紹介します。

敏感肌さんが乳液やクリームを使った方がいい理由

乳液とクリームはどちらも同じような役割がありますが、乳液は水分と油分がバランスよく配合されていて化粧水とクリームとのつなぎ役となり、 保湿成分を効率的に肌に補ってくれると言われています。クリームは、乳液より油性成分が多く含まれていて、水分の蒸発を抑える作用が乳液よりも高く、油性成分が肌の表面に油分の膜を張ることで乾燥から守ってくれる役割があります。敏感肌さんは乾燥によるダメージをダイレクトに受けやすいので、乳液やクリームをうまく活用していくといいでしょう。

乳液とクリーム、敏感肌さんに向いているのはどっち?

乳液はクリームよりも含まれている油性成分が少なめで、みずみずしくて伸びがよく比較的さっぱりとした使用感。クリームはこっくりとしていて油分が多く、かなりしっとりとした使用感であるため、まずはお好みの使用感で選ぶことをおすすめします。

乳液とクリームは両方とも潤いを保ち、肌を保護するというのが目的です。暑い夏や皮脂が多めの敏感肌さんは無理にクリームを使わずに、乳液だけの使用でも問題はありません。ですが乾燥が深刻になりやすい冬には乳液の後にクリームを重ね塗りしてしっかりと保湿するといいとも言われていますよ。毎日自分の肌の乾燥度合いを見極めつつ、乾燥しているなぁと感じたらクリームを重ねてあげるといいかもしれませんね。

また、乳液やクリームを塗るときに使用量が極端に少ないと保湿効果が十分に得られません。必ず乳液やクリームに記載されている使用量を守りましょう。塗り方は、化粧水と美容液がきちんと浸透したのを確認してから、乾燥しがちな目もと・口元などから優しく伸ばしていき、最後に顔全体を手のひらで包むように馴染ませたら完了です。

自分に合った乳液やクリームを選んで敏感肌を優しくケア

敏感肌さんの場合、乳液やクリームは、敏感肌向けに作られたものを選ぶといいでしょう。いきなり現品を使うよりも、サンプルやトライアルセットを使って肌の様子を見つつ、大丈夫であれば顔全体に使ってみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事