乾燥してかゆいデコルテや首の肌…しっとり潤わせるケア方法

乾燥してかゆいデコルテや首の肌…しっとり潤わせるケア方法

常に首は重い頭を支えているため大きな負担がかかっている上に、皮膚が薄く潤いを保つことが難しく、乾燥しやすい部分。乾燥をそのまま放置していると、将来シワになってしまうかもしれません。早めの対策でふっくらとしたデコルテ周りを手に入れましょう。

デコルテ周りは乾燥しやすくシワができやすい…

もともと首の皮膚は顔の皮膚の半分くらいの薄さしかないと言われています。こんなに薄いのに毎日重たい頭を支え続け、頻繁に動かしたり、紫外線が当たって常にダメージを受けやすいパーツです。

さらに首やデコルテ周りは、保湿ケアや紫外線対策をうっかり忘れがち。紫外線が降り注ぐと、紫外線A派が肌の真皮層まで到達してコラーゲンを破壊し、どんどん肌の弾力やハリが減少することてシワができやすくなってしまいます。

まずはデコルテや首回りの保湿ケアをたっぷりと

将来、首やデコルテ周りにシワを作らないためにも、まずは乾燥をきちんと防ぐことが大切です。フェイスケアの延長でデコルテ周りの保湿ケアをすると良いのですが、保湿ケアの方法にもポイントがあります。

首の汗腺は顔の汗腺の約2倍もあると言われており、汗をかきやすくしっとりしているイメージがありますが、汗が蒸発するのと同時に肌の表面にある水分も失われてインナードライ肌を引き起こしやすいと言われています。デコルテの周りを洗うときには、たっぷりの泡で優しく包み込むように洗い、流した後はすぐに保湿ケアに取り掛かりましょう。

このとき、フェイスケアの延長で手のひらに余った化粧水を伸ばすのではなく、フェイスケアと同様に化粧水→美容液→乳液を少しずつ重ねてハンドプレスをすることをおすすめします。化粧水は手のひらに取り、上から下に向かうように丁寧に滑らせて、美容液や乳液は手のひらで軽く温めてから優しく押さえるように馴染ませます。

シートマスクでスペシャルケアをしたあと、美容液がシートマスクに余っていれば、デコルテに貼り付けるのも効果的!乾燥が気になる部分は乳液やクリームを重ねて付けるといいでしょう。デコルテや首まわりの肌はとてもデリケートなので、優しく扱ってくださいね。

冬でもデコルテ周りの紫外線対策をしっかりと

寒い冬でも関係なく紫外線が降り注いでいるため、乾燥しにくい保湿効果高めの日焼け止めを塗ったり、マフラーを巻いたりして紫外線からデコルテや首まわりを守ってあげましょう。毎日欠かさず保湿ケアをしていけば、年齢に負けないふっくらもちもちの美しいデコルテをキープできるはずですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事