長寿の地!奄美大島名物「きび酢」に含まれる成分とおすすめレシピ

長寿の地!奄美大島名物「きび酢」に含まれる成分とおすすめレシピ

長寿の方が多いことでお馴染みの奄美大島。世界最高齢と認定され、過去にはギネスブックに登録された住民の方もいたんだとか。健康体を維持するには様々な秘訣があると思いますが、なかでも今回はきび酢という奄美大島伝統の調味料について注目していきます。

きび酢の特徴・含まれる成分について

きび酢とは、サトウキビの絞り汁に上質な湧き水と空気中の天然酵母を加え発酵・熟成させたお酢のこと。気候や環境など奄美大島ならではの条件が整っているからこそ造れる貴重な天然醸造酢なんです!また、きび酢には次のような特徴があります。

【きび酢の特徴】
<塩分が少ない>
きび酢は一般的な食用酢に比べると塩分の含有量が圧倒的に少ないのです。

<ミネラルが豊富>
カルシウム、マグネシウム、鉄分、カリウムといった不足しがちなミネラルがバランスよく含まれています。

<ポリフェノールが豊富>
きび酢には赤ワインなどにも含まれるポリフェノールが豊富で、女性に嬉しいアンチエイジング効果が期待できます。

きび酢を使ったおすすめの美容レシピ〜白身魚と野菜の甘酢あんかけ〜

思わずご飯をおかわりしたくなる!白身魚と野菜の甘酢あんかけのレシピをご紹介します。特にこの時期はヒラメなどの白身魚がおすすめです。

【白身魚と野菜の甘酢あんかけの作り方】
<材料>
・白身魚 4切れ
・玉ねぎ 1/2個
・ピーマン 2個
・赤パプリカ 1/2個
・黄パプリカ 1/2個
・小麦粉 大さじ4
・塩胡椒 適量
・サラダ油 適量

<甘酢あんの調味料>
・きび酢 大さじ2
・醤油 大さじ1
・砂糖 大さじ1杯半
・鶏がらスープ 小さじ1
・ケチャップ 小さじ1
・片栗粉 大さじ1
・水 150ml

<作り方>
1.白身魚に塩胡椒を振り、小麦粉を万遍なくまぶします。
2.1の白身魚を170度の油でこんがりと揚げ、しっかり油を切っておきます。
3.玉ねぎは乱切り、ピーマン・パプリカは薄切りにカットします。
4.甘酢あんの調味料をボウルに全て混ぜ合わせておきます。
5.フライパンにサラダ油を熱し、3の野菜を炒めましょう。
6.野菜に火が通ったら4を加え、とろみがつくまで火を通します。
7.お皿に2の揚げた白身魚をのせ、6のソースをかけて完成です。

いかがでしたか?「きび酢」未経験の方は是非、内側から美しく元気でありたい方も、食生活に「きび酢」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事