【プチプラ優秀コンシーラー】選び方、使う順番、正しい使い方は?【悩み別おすすめアイテム紹介も!】

【プチプラ優秀コンシーラー】選び方、使う順番、正しい使い方は?【悩み別おすすめアイテム紹介も!】

クマやシミ、そばかす、ニキビあとなど気になる肌悩みを隠してくれるコンシーラーは、ワンランク上のベースメイクを仕上げたい時に欠かせないアイテム。でも実際は、うまく使いこなせていない人も多いのでは? 今回は、コンシーラーの種類や使用順序、肌悩み別の使い方について解説します。プチプラおすすめコンシーラーの紹介も!

コンシーラーにはどんなタイプがある?

コンシーラーには、大きく分けてリキッドタイプと固形タイプがあります。一般的には、テクスチャーが固くなればなるほどカバー力が高くなりますが、厚塗り感が出たり、動きの多い部位ではヨレやすいというデメリットも。タイプごとの特性を生かし、隠したい肌悩みに合わせて、上手に使い分けることが肝心です。

リキッドタイプ
やわらかなテクスチャーの乳液状で、チップでつけるボトル型のほか、筆ペン型やチューブ型のものがあります。伸びが良いので、動きの多い部分や広い範囲をカバーするのに適しています。

固形タイプ
固めのテクスチャーの練り状で、口紅のようなスティック型のほか、コンパクト型やペンシル型のものがあります。カバー力が高いので、濃いシミやニキビあとなどをピンポイントで隠すのに適しています。

コンシーラーを使う順番は?

ファンデーションの前に使うか後に使うか、ちょっと迷うコンシーラー。その順番は、併用するファンデーションの種類によって異なります。

パウダーファンデーションの場合→ファンデーションの前
[化粧下地]→[コンシーラー]→[パウダーファンデーション]

リキッド・クリーム・エマルジョンファンデーションの場合→ファンデーションの後
[化粧下地]→[リキッドファンデーション]→[コンシーラー]→[フェイスパウダー(おしろい)]

順番を間違えるとヨレたりムラになったりして収拾がつかなくなるので、適切なタイミングを意識して。また、製品によっては特別な使い方をする場合もあるため、メーカー推奨の使用方法も確認するようにしましょう。


肌悩み別! おすすめプチプラコンシーラーと使い方

Q.クマを隠すにはどうしたらいい?
A.「面」はリキッドタイプでトーンアップさせて

表情の変化やまばたきなどで動きの多い目の周りは、リキッドタイプを使うのが正解。青クマの場合はオレンジ系で血色感をプラス、茶クマの場合はイエロー系でくすみをオフするのがおすすめです。

目の下ギリギリまでコンシーラーを塗ると、目が小さく見えたり顔全体がのっぺり平面的な印象になってしまいます。鏡を少し離した時に一番暗く見える、涙袋の下のくぼみ部分にコンシーラーをポンポンと少量ずつ置き、指やスポンジでなじませて。

プチプラでおすすめはコレ!

DHC ミネラルコンシーラー パーフェクトアイズ F1 SPF20/PA++ 全2色 6g ¥1280

チップ式で塗りやすく、伸びの良さも抜群。クマの色に合わせて選べる2色展開なのがありがたいポイント。


Q.濃いシミやニキビあとをしっかり隠したい!
A.「点」は固形タイプでしっかりカバー

濃いシミやニキビあとなどの「点」をカバーしたい時は、固形タイプを選ぶのが大前提。コンシーラーをカバーしたい部分にやや広めにのせたら、肌との境目を指やスポンジでぼかしてなじませます。塗ったコンシーラーをこすると薄くなってカバー力が弱まるので、外側の輪郭だけをぼかすのがコツ。仕上げに、フェイスパウダーを含ませたパフで上から軽く押さえると、崩れにくくなります。

プチプラでおすすめはコレ!

メディア スティックコンシーラーUV SPF30/PA++ 全2色 ¥900

なめらかな感触で、肌にぴたっと密着。カバー力が高いのに、ヨレたり乾いたりしないのがうれしい!


Q.広範囲のシミやそばかすも、一つ一つカバーすべき?
A.コントロールカラーで自然に色ムラを補正

頬のあたりのモヤモヤした薄いシミやそばかすのように広い範囲をカバーしたい場合、一つ一つ完璧に隠そうとするとどうしても厚塗り感が出てしまいます。そんな時はイエローやベージュのコントロールカラーを気になる部分に塗ってからファンデーションを塗り重ねると、ぐんと目立ちにくくなります。

プチプラでおすすめはコレ!

カクシマスト フルカバーコンシーラー ナチュラル SPF50/PA+++ 25g ¥1200

広範囲の色ムラをカバーする、全顔用コンシーラーなるアイテムも登場! 薄膜なのに肌色をしっかり補正して、さらには保湿までしてくれる頼もしい一本。


Q.ほうれい線もコンシーラーでカバーできる?
A.“猫ひげ”ラインで目くらまし!

コンシーラーを上手に使えば、ほうれい線も自然にカバーすることができます。

固いテクスチャーのコンシーラーだとシワに入り込んでかえって目立ってしまうので、リキッドタイプで肌よりワントーン明るめのものを選んで。パール入りなど、光で拡散させるタイプ(ハイライター)もおすすめです。

ほうれい線に対して垂直に(シワを切るように)、猫のヒゲを描くようなイメージで3本の線を引きます。あとはヨレないように指やスポンジでたたきこみ、しっかりとなじませましょう。

プチプラでおすすめはコレ!

セザンヌ ハイライトコンシーラー クリアベージュ ¥680

3種の偏光パールが光を反射して、影やくすみを自然に飛ばします。化粧直し時にメイクの上に重ねても、厚ぼったくなりません。

形状もカラーも豊富にあるコンシーラー。つける部分や肌悩みに合わせてうまく使い分け、上質な美肌を演出して下さいね。

関連キーワード

関連記事