紫蘇らっきょうで美味しくデトックス!作り方とアレンジレシピ

紫蘇らっきょうで美味しくデトックス!作り方とアレンジレシピ

スーパーの店頭でもよく見かける「紫蘇らっきょう」。ご飯のお供というイメージが強いかもしれませんが、実は女性に嬉しいデトックス効果が期待できることをご存じでしょうか?こちらでは紫蘇らっきょうの作り方やアレンジレシピのご紹介をいたします。

デトックス効果が期待できる「紫蘇らっきょう」レシピ

紫蘇はむくみ解消効果が期待できる「カリウム」のほか、殺菌作用がある香り成分「ペリラアルデヒド」が含まれているため、食事に取り入れることで体内に蓄積した毒をスムーズに排出することができます。また、らっきょう自体にもカリウムや血液をサラサラにする「硫化アリル」が豊富なので「紫蘇らっきょう」として一緒に食べることで相乗効果が期待できるのです。

【紫蘇らっきょうの作り方】
それでは早速、紫蘇らっきょうの作り方についてチェックしていきましょう!市販の紫蘇らっきょうは赤紫蘇が使われていることがほとんどですが、今回は年間を通して手に入りやすい青紫蘇を使用してみました。

<材料>
・らっきょう  1kg

<つけ酢の材料>
・青紫蘇 350g
・酢 500cc
・はちみつ 150g
・塩 8g
・味の素 少量

<作り方>
1.つけ酢の材料(青紫蘇は加熱前によく水で洗うこと)を全て鍋に入れ、沸騰したら弱火にし更に1分程加熱します。
2.1のつけ酢を常温で冷まします。
3.冷めたらザルで濾し、青紫蘇をギュッと握りながらエキスを絞ります。
4.らっきょうをよく洗い、根元と頭を切り捨て薄皮を一つ一つ取り除きましょう。
5.鍋に熱湯を沸かし、4のらっきょうを入れ加熱します。再沸騰してきたらザルに上げ、常温で冷まします。
6.保存用の便に2のつけ酢とらっきょうを入れ、味が染みるまで10日間〜2週間程漬けます。

紫蘇らっきょうのアレンジレシピ〜カツオの紫蘇らっきょうソースがけ〜

カツオの紫蘇らっきょうソースがけの作り方をご紹介致します。大根おろしに含まれる辛味成分「イソチオシアネート」には肝臓の解毒酵素を増やす働きがあるため、お酒のおつまみにもぴったりの一品ですよ!

【カツオの紫蘇らっきょうソースがけ】
<材料>
・カツオ(刺身用)200g
・紫蘇らっきょう 5個
・大根おろし 1/2カップ
・ポン酢 大さじ3
・ごま油 小さじ1
・サラダ油 小さじ2

<作り方>
1.フライパンにサラダ油を熱し、カツオの表面全体をさっと焼きます。
2.ジップ付きのビニール袋に1のカツオを入れ、袋ごと氷水につけて冷やします。
3.みじん切りにした紫蘇らっきょう・大根おろし・ポン酢・ごま油をボウルに入れてしっかり和えます。
4.食べやすい大きさに切り分けたカツオのたたきを皿に盛り付け、3のソースをかけて完成です。

いかがでしたか?紫蘇らっきょうは漬物作り初心者の方でも簡単に作れますので美容のために是非一度作ってみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事