「米ぬか豆乳」で頑固な便秘とオサラバ!作り方・アレンジ方法

「米ぬか豆乳」で頑固な便秘とオサラバ!作り方・アレンジ方法

日本の伝統食品ぬか漬けの材料としてお馴染みの米ぬか。栄養価が非常に優れていることから、普段の食生活に取り入れることで嬉しい美容・健康効果が期待できるんだとか。なかでも豆乳でブレンドする「米ぬか豆乳」として飲むインナーケア方法がおすすめです。

米ぬか豆乳に期待できる効果

米ぬかとは玄米を精米する時に出てくる茶色い粉のこと。米ぬかはお米の命と言われている胚芽や表皮で構成されており、次のような栄養素が含まれています。

【米ぬかに含まれる栄養素】
<ビタミンB群>
肌や体の代謝を高める働きがあります。

<ビタミンE>
若返りのビタミンと呼ばれており、老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます。

<カルシウム>
歯や骨の生成をサポートします。

<鉄分>
女性に多い貧血を防いだり、肌の弾力性を維持する効果が期待できます。

<フェルラ酸>
ポリフェノールの一種で美白効果が期待できます。

<γ-オリザノール>
米ぬか特有の成分で他の食品には含まれていません。自律神経の乱れを整えたり、酸化を防ぐ働きがあります。

<ダイエタリーファイバー>
食物の外皮に多く含まれる食物繊維のこと。腸内を綺麗にし、便通を促す効果が期待できます。

米ぬかは食感がボソボソとしており、単体では食べにくいのでドリンクとして飲めるようお好みの飲料に混ぜることをおすすめします。特に豆乳は、善玉菌のエサとなるオリゴ糖が含まれているため米ぬかと一緒に摂取することで頑固な便秘をよりスムーズに解消することが可能です。

米ぬか豆乳の基本的な作り方・アレンジ方法

米ぬか豆乳の基本的な作り方についてご紹介します。もし、そのままでは飲みにくい場合は黒砂糖やはちみつを加えて飲んだり、卵液を混ぜて蒸しプリンにアレンジするのもおすすめ!

【米ぬか豆乳の基本的な作り方】
<材料>
・米ぬか 大さじ2
・豆乳 200ml

<作り方>
1.フライパンに米ぬかを入れ、弱火で5分程じっくりとから炒りしましょう。香ばしい香りがしてきたら火を止めます。
2.コップに豆乳を注ぎ、1の米ぬかを加えスプーンでしっかりかき混ぜます。

<POINT>
米ぬかはサッと使えるようまとめてから炒りしておくと良いでしょう。酸化しやすいので密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存してください。

いかがでしたか?米ぬかはお米屋さんもしくはスーパーの店頭で手に入れることができますので、インナーケアにご興味がある方は是非お試しください。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事