前代未聞!? コーヒーで睡眠の質があがるって本当?上手な使い方とは

前代未聞!? コーヒーで睡眠の質があがるって本当?上手な使い方とは

刺激成分のカフェインが含まれていることから、TVや雑誌でも「寝る前に飲むのはNG」と言われてきたコーヒー。デメリットについて注目されがちな飲み物ですが、実は使い方次第で睡眠の質を高めることができるんだとか!? その理由をご紹介します!

コーヒーで睡眠の質を向上できる?気になる理由について

コーヒーには心地良い眠りへと導く香り成分が含まれており、就寝前にじっくりとにおいを嗅ぐことで脳がリラックス状態の時に多く出現する「α波」の分泌量を促すことができます。

ただし、コーヒーの種類によっては脳を活性化する香り成分を含む豆(特に「ハワイ・コナ」)もあるので注意が必要です。睡眠の質を向上させる目的で購入する場合はα波の分泌量が増えやすい「ブルーマウンテン」や「グァテマラ」などのコーヒー豆を選ぶと良いでしょう。

コーヒーで眠りにつくためのテクニック!

コーヒーの香りは豆の選び方次第で安眠効果が期待できることがわかりましたが、実際の場面ではどのように活用すれば良いのでしょうか?早速チェックしていきましょう。

【コーヒーの粉で眠りにつくためのテクニック!】
<アロマポット>
大きめのマグカップにコーヒー豆もしくはコーヒーの粉を満たせば簡単に自家製アロマポットが完成します。コーヒーの香りは強いため、枕元から少し離した状態で寝室のどこかに置いておくと良いでしょう。また、オーガンジーの巾着に詰めてサシェとして活用するのもおすすめ。

<コーヒーを淹れる>
香りを楽しみながらコーヒーを淹れる一連のプロセスを入眠儀式として取り入れてみましょう。カフェインが入っているから…とそのまま捨ててしまうのはもったいないので夜寝る前に淹れたコーヒーは翌朝のモーニングコーヒーとして飲むようにすると良いですね。再度温める際は直火ではなく、できるだけ湯煎で温め直すことをおすすめします。こうすることで淹れたてのような良い香りが漂ってきます。

「コーヒーの香りが眠りを誘ってくれるとは意外…!」と驚いた方も多かったのではないでしょうか?なかなか寝付けない夜はコーヒー豆をアロマとして有効活用してみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事