冬でも油断禁物!夏よりも臭いやすい「ワキ汗」の対策をしよう!

冬でも油断禁物!夏よりも臭いやすい「ワキ汗」の対策をしよう!

たくさん汗をかく夏に比べて、冬はワキ汗について無防備になっている方が多いのではないでしょうか?実は、ワキ汗は秋冬の方が臭いやすいと言われています。冬特有のワキ汗の特徴と、汗をかきやすい理由とはどこにあるのでしょうか?

冬でも油断出来ない!冬の「ワキ汗」の特徴とは?

汗をかきやすい夏は、汗や臭いについての対策を行なっている方が多いですが、冬はどうでしょうか?冬はあまり汗はかかないから、特に対策なんて必要ないのでは…と思っていたら要注意です!

【冬でも意外とワキ汗をかいている?】
冬の寒い時期でも、以下のような理由から思っている以上にワキ汗をかきやすいと言えます。
・防寒対策の為に厚着をしている
・重ね着をしていると通気性が悪くなる
・室内は暖房が効いていて暖かい
・体温調節機能が上手く働いていない
・自律神経の乱れ など

【冬のワキ汗は臭いやすい?!】
夏のサラサラとした汗とは異なり、冬はジトッとした汗をかくので、臭いやすいのが特徴なのだとか。冬のワキ汗が臭いやすい要因は、以下の点にあると考えられています。
・冬は汗をかく機会が減り、汗腺の機能が衰えることで、臭いの強い汗をかきやすくなる
・汗に含まれるミネラル量が多くなり、皮膚表面がアルカリ性になることで、常在菌が繁殖する為、臭いが強くなる
・厚着によって汗の蒸発が妨げられ、雑菌が繁殖しやすくなる
・夏に比べて水分摂取量が少なくなることで、ベタつきやすい汗になる など

冬でもしっかり対策を!冬だからこそ気をつけたいワキ汗対策

冬でも思っている以上に汗をかくので、一年を通してワキ汗対策を行うのがオススメです。冬だからこそ気をつけるべきワキ汗対策をご紹介します!

◎こまめにワキ汗を拭き取る
冬はドロっとした汗をかきやすく、蒸発もしにくいので、汗拭きシートなどでこまめにワキ汗を拭き取り、雑菌が繁殖しにくくすることが大切です。

◎温度調節をしやすい服装選びをする
外は寒いのに、室内は暖房が効いているという場合が多いですよね。厚着をしていると暑く感じることも多いので、脱ぎ着して体温調整が出来る服装をするのが良いでしょう。

◎こまめに水分補給をする
寒い冬は水分摂取量が減りやすく、汗に含まれる塩分が濃くなることで濃い汗をかきやすくなってしまいます。積極的に水分補給をすることを心掛けてください。

◎積極的に汗をかく習慣を
暑い季節に比べると自然と汗をかく量も減ってきますよね。汗をかく機会が減ると汗腺も衰えてしまいますので、積極的に汗をかくようにするのが良いでしょう。運動をするのが苦手という方は、入浴で汗をかくのがオススメですよ!

冬だからと言って油断は禁物です。夏よりも冬のワキ汗は臭いやすいと言われているので、しっかり対策を行いましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事