食べ過ぎたー!そんな時は「丸1日だけのプチ断食」で即リセット!

食べ過ぎたー!そんな時は「丸1日だけのプチ断食」で即リセット!

急なお誘いで夕食を食べ過ぎてしまった、思わぬ差し入れでカロリーオーバー…そんなときにおすすめなのが丸1日だけのプチ断食!きつい運動や長期間のダイエットが必要になる前に、食べ過ぎたその瞬間からダイエットをはじめて太らない習慣を目指しましょう!

プチ断食がダイエット成功の秘訣?! 食べ過ぎが脂肪に変わるまでには猶予がある

お昼はしっかり食べたのに、急なお誘いで夕飯もカロリーオーバー…。久々に高級レストランのデートだからしっかり食べたいけど太るのが心配…。

そんなときに試してほしいのが丸1日だけのプチ断食!

食べ過ぎてしまった余剰なものが、食後の数時間で脂肪に変わるわけではなく、個人差はあるものの脂肪に変わるまでには時間的な猶予があるといわれています。

そこに注目したのがこのプチ断食! 食べ過ぎた分が脂肪に変わってしまうのをできる限り防ぐための対策のひとつとされていて、食べ過ぎた後に行うのはもちろんのこと、明日の夕飯だけはしっかり食べたい!というときにも計画的に行えるダイエット食事法としておすすめなんです!

丸1日だけのプチ断食法と注意点

丸1日だけのプチ断食の進め方は、簡単! 食べ過ぎたー!と思った瞬間から時間を計り、丸1日(24時間)の間は、水分以外の食べ物を避ける、ただこれだけです。

目標は丸1日といわれていますが、前日の夕飯で食べ過ぎた場合、その翌日の夕方前ごろまで断食できれば効果は期待できるそう!

今夜の食事会だけはしっかり食べたい!という日も、その翌日の食事を計画的に減らせば良いので、(食べ過ぎは禁物ですが)安心して食べることを楽しめますよね。

プチ断食は太りにくくするという効果の他にも、食べ過ぎで過剰に働いた内臓を休めるという効果も高いそうで、筆者自身も翌日の便通が良くなったり、体重は変わらなくても何となく体が軽い…という嬉しい効果を実感することが多いです。

ただこのプチ断食を行う際にはいくつかの注意点があります。

・体調がよいときのみ行って、体調がすぐれないときや生理中などは無理に行わない(体に負担が大きいです)。
・プチ断食中に、めまいや頭痛、吐き気など異常を感じたときはすぐに断食を中止して、適切な食べ物を食べる。
・適度な水分は欠かさず摂取する。

1日は辛い…という場合は、日中の半日だけでも食べない時間、空腹の時間を作るように意識してみましょう。お腹が空いてグーと鳴るという状態は、内臓が休まって食べる準備OKのサインという指摘もあり、体にとって良い現象なのだそう。

そのサインを待つというのがこのプチ断食には大切なんです。

仕事中にグーと鳴るわけにはいかない!という場合は時間調整をうまくはかりながら進めてみましょう。上手なプチ断食で、太りにくい習慣を目指してみませんか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事