目指せ美脚!バレリーナ直伝・太もも裏を意識するだけ簡単!筋トレ

目指せ美脚!バレリーナ直伝・太もも裏を意識するだけ簡単!筋トレ

太ももやお尻の辺りって多くの女性が悩む部位ですよね。そうなる原因のひとつがその辺りの筋肉を普段上手に使えていないから!歩く際や立っているときなど普段の生活の中ですぐにできる太もも裏を意識するだけの簡単筋トレで美脚を目指しましょう!

バレリーナ直伝の簡単・美脚筋トレ法とは?

細く美しい足を持つバレリーナ。

バレリーナの足は細くてきゃしゃなイメージがあるかもしれませんが、実際のところは筋肉ムキムキで、その大部分が筋肉といっても過言ではないほどしっかりとした足をしています。

ではどうしてバレリーナの足は細く美しく見えるのか?

その秘訣は、太ももの裏側を意識した筋トレをしているから! 筆者がかつて所属していたバレエ団のレッスンでも、バレリーナの間では太ももの前の筋肉ばかりが発達すると、筋肉モコモコのいわゆる太い足になってしまうということで、バレエのレッスンや筋トレ中はもちろんのこと日常生活でも、太ももの前の筋肉を極力使わないように注意していました。

太ももの前の筋肉を使わないように…と言われても分からない!という方も多いと思うので、その方法を具体的にお教えします。

実践!太ももの裏を意識するだけ簡単筋トレ法

日常生活ですぐに実践できる例でお伝えましょう。

例えば、普段はあまり意識することもない「歩く」という簡単な動作。多くの方は、太ももの筋肉を使って足全体を持ち上げるようなイメージで歩いているといわれています。

でも、これは主に太ももの前の筋肉を使った歩き方! 太ももの裏側を使う歩き方とは、太ももの後ろを誰かから押されているような、太ももの後ろ側から押し出すようなイメージで歩くという方法です。

はじめは、うまくできないかもしれませんが、大事なのは太ももの裏側を常に意識して歩くということ! 継続していくことで自然と使えるようになるので、気づいたときだけでも、必ず実践するというのが理想です。

通勤中や料理中など立っているときも筋トレできます! 立つときも実は太ももの前の筋肉だけで立っている方がほとんど。そのときも、太ももの裏、膝の裏、お尻の裏など、足の後ろ側を強く意識してピーンと伸ばして立ってみましょう。それだけで、普段使われていない筋肉が目覚め、筋トレになるんです!

階段を上るという動作でも、太ももで膝を引っ張り上げるようにヨイショとするのではなく、お尻の下~太ももの裏側の筋肉を強く意識して、自分の太ももを下からすくいあげるようなイメージで上るようにするのがポイントです!

足の後ろ側を意識すると自然と姿勢も良くなり、バレリーナのような美しい立ち姿も身についていくから、一石二鳥! ダイエット中の方も、この筋トレと同時に行うことで相乗効果が期待できると思います。 ぜひ試してみてくださいね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事