日本のスーパーフード「納豆」の魅力と、健康効果を高めるレシピとは

日本のスーパーフード「納豆」の魅力と、健康効果を高めるレシピとは

納豆は、昔から日本で食べられてきた日常的な食品の一つですが、今では日本の伝統的なスーパーフードとして注目もされています。病気の予防、健康、美容、ダイエットにおいても効果が期待できると言われています。そんな納豆の魅力や美容レシピのご紹介です!

こんなにあります!納豆に期待できる、嬉しい健康効果

みなさん、納豆が健康に良いことはご存じかと思いますが、さて、具体的にどんな風に体に良いか思い浮かびますか?それでは早速、納豆に期待できる健康効果をチェックしていきましょう。

【納豆の主な健康効果】
<脳梗塞、心筋梗塞の予防>
ナットウキナーゼが血栓を溶かすことで心筋梗塞、脳梗塞を予防する働きが期待できます。同時に、納豆に含まれるピラジンという物質が血栓をつくりにくくする働きをするといわれています。

<動脈硬化を防ぐ>
リノール酸、リノレン酸が血管を強くしなやかに保つ効果が期待できます。レシチンがコレステロール値を下げることで、血管への負担が低下するといわれています。

<糖尿病の予防>
納豆の水溶性食物繊維やビタミンB2が血糖値の上昇を抑えます。さらにレシチンはインスリンの分泌を促進し、血中を流れるブドウ糖の量を減少させます。

<認知症を予防>
レシチンが神経伝達物質であるアセチルコリンの形成を助けます。ビタミンB2などに血糖値上昇を抑える効果が期待でき、認知症の予防につながると考えられています。

<骨折しにくい体に>
ビタミンK2が骨の形成を助け、骨粗鬆症の予防につながります。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをし、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ機能を持っています。

<がんを予防>
大豆に含まれるイソフラボンが、乳がんや前立腺がんの予防に働きかけます。納豆には腸の活動を活発にする働きがあり、これが大腸がん予防につながるといわれています。

<アレルギー性鼻炎を改善>
納豆を毎日食べることで、ハウスダスト、ダニといった通年性アレルギーの症状改善に働きかけます。また、花粉症への効果も期待されています。

<腸内環境を整える>
納豆菌が腸内の活性酸素を除去することで、乳酸菌やビフィズス菌が活動しやすい環境をつくります。整腸作用はもちろん内臓脂肪を減らす効果も期待できます。

<O-157感染を予防する>
納豆に含まれるジピコリン酸がO-157への抗菌作用を持っており、納豆はほかにも抗菌作用を持つ複数の物質を含んでいると考えられ、風邪予防にも繋がるといわれています。

<長寿効果>
ポリアミンが体の炎症を抑え、老化を遅らせる働きをします。皮膚の劣化を防止する効果が期待でき、ポリアミンを投与したマウスの寿命が延びたという実験結果もあります。

美容・健康に◎納豆を使った簡単レシピをご紹介!

納豆の栄養価を補ったり高めたりする食べ方があります。せっかく食べるなら、さらにおいしく効果的に食べれるといいですよね。今回は、効率的に納豆の栄養を体に取り入れられる、キムチ納豆サラダのレシピをご紹介します。

【キムチ納豆サラダ】
<材料(2人分)>
・納豆 100g(2パック分)
・白菜キムチ 50g
・リーフレタス 1/4株程度
・ミニトマト 4個
・小ねぎ 適量
・ごま油、酢、醤油 各小さじ1

<作り方>
1.レタスは手で食べやすくちぎり、ミニトマトはヘタを除いて半分に切る。ごま油、酢、醤油を混ぜ合わせ、ドレッシングを作る。
2.納豆とキムチを混ぜる。
3.お皿にレタスとミニトマトを盛り、2の納豆キムチをのせ、1のドレッシングをかけ、小ねぎを散らして完成。

サラダなら納豆に不足するビタミンCなどの栄養素も一緒に摂れますし、キムチも納豆と同じ発酵食品なので、一緒に食べることで相乗効果が生まれ腸内環境を整えてくれます。

また、ねぎ類に含まれる硫化アリルは、納豆に含まれるビタミンB1の吸収を上げてくれるので、ねぎとの相性は味だけでなく、栄養価も相性の良い組み合わせです。

いつもの納豆にプラスするだけで栄養成分が高まるので、ぜひお試しください!

 Profile
<執筆>
山本 麻紀子(やまもと まきこ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・エステサロン店長。
延べ1万人以上の施術経験があり、エステティシャン歴8年。現在はエステに加えて食事のアドバイスなども合わせて行なっている。
ブログ:https://ameblo.jp/maki-totalbeauty

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事