お気に入りのポーチの中に、いつも携帯しているコスメ5点

お気に入りのポーチの中に、いつも携帯しているコスメ5点

今回は最近携帯している化粧ポーチの中身をご紹介したいと思います。
とにかく荷物を最小限にしたいときは、手のひらにのるサイズのポーチの中にこの5点を。
ポーチを小さくすることで「これ以上入れない」という状態にしています。
カバンもですが、大きいとついつい使わないものも入っていて、そのまま、ということが多々あるので……。
ランコム スーシ パウダークリーム ¥3000(税抜)、コスメデコルテ  クリ-ム ブラッシュ 全8色 ¥3500(税抜)。私はOR250を。アルジェラン カラーリップスティック ベビーピオニー(全2色) ¥648(税抜)、ザ パブリック オーガニック 精油カラーリップスティック スーパーフェミニングラム バーニングローズ(全4色) ¥648(税抜) それにリップにも手先にも肌にも使える万能なバームを追加しています。
アイブロウ、チーク、リップ(基本は色付きリップクリームですが、洋服に合わせて口紅に変えます)、保湿クリーム、というのが最近の基本。
どれも以前にご紹介しているものばかりなのですが、お気に入りかつコンパクトサイズなので持ち歩くのにもぴったりです。
ファンデーションとアイメイクは夜、イベントがない限り直しません。

そして持っているだけで楽しい気分になるのがサンドイッチの形のポーチなんです。
ハンドメイドのアイテムが買えるminneで見つけたpu・pu・puというブランドのもの。ちょうど食パンの半分のサイズで、裏地もかわいい!
四角のサンドイッチポーチ¥1900。こちらはハムサンドですが、卵サンドやフルーツサンドも。他にも三角や大きいサイズもあります。子どもウケもばっちりです!
ちなみに以前、ヘアメイクの長井かおりさんのポーチの中身を見せてもらったのですが、思っていた以上にミニマムでびっくりしました。他の人が持っているものって参考になりますよね。
皆さんも、絶対に欠かせないポーチの中のアイテムがあれば、ぜひ教えてください!
片岡 千晶

女性誌で美容担当歴7年。幼い双子を育てているため、選ぶアイテムの基準は「効率のよさ」「安心・安全」そして「癒し」。肌色は標準的なオークルで、季節の変わり目にトラブルに悩まされるゆらぎ肌。ナチュラルメイクが大好きだけど、素肌っぽさが年齢的に通用しなくなり、大人ナチュラルを模索中。
関連キーワード

関連記事