アンチエイジングレシピ!「アボカド味噌汁」の作り方について

アンチエイジングレシピ!「アボカド味噌汁」の作り方について

その栄養価の高さから別名「森のバター」と呼ばれているアボカド。アボカド料理といえばシーザーサラダやパスタなどのレシピがお馴染みかもしれませんが、実は私達日本人の国民食である味噌汁にも相性がぴったりと言われているんです!

アンチエイジングに◎「アボカド味噌汁」の魅力

味噌汁とアボカド、聞きなれない組み合わせかと思いますが「ホクホクしていて美味しい」「意外と合う!」と雑誌やSNS上でも評判になっているんだとか。また、アボカド味噌汁の最大の魅力は、美容や健康維持に欠かせない栄養素がバランスよく含まれているところです。ここではアボカドと味噌に含まれる栄養素についてまとめてみました。

【アボカドに含まれる栄養素】
<ビタミンE>
抗酸化作用を持つ栄養素で、老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます。

<ビタミンB2>
エネルギー代謝を円滑に行い、脂肪燃焼を促してくれます。

<カリウム>
体内に蓄積した水分や老廃物をスムーズに排出し、むくみを改善する効果が期待できます。

<オレイン酸>
悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする善玉コレステロールを増やす働きがあります。

【味噌に含まれる栄養素】
<大豆たんぱく質>
腸内でのコレステロールを抑制・排出する働きがあります。

<大豆イソフラボン>
女性ホルモンと同様の働きを持ち、ホルモンバランスを整えながらPMSなどの不調を緩和します。

<リノール酸>
シミの元となるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

<メラノイジン>
味噌の褐色色素で、優れた抗酸化作用を持っています。

<水溶性食物繊維>
腸内環境を整えるほか、食後の血糖値の急上昇を抑えてくれます。

エイジングケアにも◎美容レシピ「アボカド味噌汁」の作り方

アボカド味噌汁の作り方をご紹介します。今回は豆腐・ネギといったごく一般的な具材を使用していますが、トマトやオリーブオイルを加えてイタリアン風味噌汁にアレンジするのもおすすめですよ!

【アボカド味噌汁の基本的な作り方】
<材料>
・アボカド 1個
・豆腐 1/2丁
・ネギ お好みの量
・昆布出汁 800cc
・味噌 大さじ3

<作り方>
1.アボカドは厚さ1cm程の食べやすい大きさに、ネギは小口切りに、豆腐は1cm角にカットします。
2.鍋に昆布出汁を入れ、沸騰したらアボカドと豆腐を入れます。
3.十分具が温まってきたら味噌を溶き入れ、器に盛りつけます。
4.ネギを上から散らして完成です。

味噌汁は体に良いレシピですが、いつも同じでは飽きてしまうこともありますよね。時にはアボカドなどの個性的な食材を加えていつもと違う味噌汁を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事