「イカスミ」に含まれる意外な栄養成分や期待できる効果について!

「イカスミ」に含まれる意外な栄養成分や期待できる効果について!

真っ黒でインパクト抜群なイカスミ料理。歯が真っ黒になってしまうため、デート中は注文を控えている女性も多いことでしょう。しかし、栄養価が非常に高いことから、自宅でのインナーケアにはもってこいの食材なんです!おすすめレシピもご紹介します。

イカスミに含まれる栄養成分や期待できる効果とは?

イカスミには次のような栄養成分が含まれています。

【イカスミに含まれる栄養素】
<ムコ多糖類>
新陳代謝を高める「ムコ多糖類」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。ムコ多糖類とはコンドロイチン硫酸やヒアルロン酸がひと塊りになった糖質の一種のこと。積極的に摂取することで水々しい肌と健康的な体を維持することが可能です。

<ビタミンE>
ビタミンEには血行を促進したり、老化の原因となる活性酸素の発生を抑える働きがあります。

<アミノ酸・タウリン>
疲労回復効果が期待できるアミノ酸・タウリンなどの成分が多く含まれています。また、タウリンは肝臓の解毒能力を強化し、二日酔いを防ぐ効果も同時に期待できます。

栄養満点!イカスミを使った美容レシピ〜イカスミ入りパエリア〜

イカスミ入りパエリアの作り方をご紹介します。お米はちょっぴり固めに調理するのが本場の味ですが、柔らかく仕上げたい方はプラス5分程加熱後、しばらく蒸らす(10分間が目安)と良いでしょう。

【イカスミ入りパエリアの作り方】
<材料>
・イカ 1杯
・イカ墨 20g
・ムール貝 6個
・赤・黄パプリカ 各1/4個
・アスパラガス 4本
・レモン 1個
・無洗米 3合
・ニンニク 1片
・コンソメの素 1個
・オリーブオイル 大さじ4
・塩 適量
・水 3カップ

<作り方>
1.パプリカは1cm角に、アスパラガスは長さ2cmに、レモンはくし形に切ります。
2.イカはイカ墨が破れないよう注意しながらゲソと胴を離します。胴は輪切りに、ゲソやえんぺらはお好みの大きさに切ります。
3.イカ墨は分量に足りない場合、市販のイカスミペーストをブレンドするようにしましょう。
4.フライパンにオリーブオイル(大さじ2)を熱し、みじん切りのニンニクを炒めます。
5.ニンニクの香りが立ってきたらイカとイカ墨を加えます。オイルとイカ墨が十分に混ざるよう弱火でじっくり炒めましょう。
6.残りのオリーブオイルと無洗米を加え、強火で炒めていきます。
7.米の色が透き通るまで炒めたら、水とコンソメの素・塩を加え全体的によく混ぜます。
8.ムール貝・アスパラガス・パプリカをバランスよく散らし、沸騰してきたら蓋をして弱火で15分程加熱します。
9.仕上げにレモンを飾りつけて完成です。

イカスミはパエリア以外にもカレー・ベーグル・ライスコロッケなどアイデア次第で様々なレシピに応用することが可能です。美容のためにも是非今夜の一品にイカスミ料理を加えてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事