乳首がかゆいのは何故?原因やおすすめのケア方法についてご紹介

乳首がかゆいのは何故?原因やおすすめのケア方法についてご紹介

乳首のかゆみはなかなか周りに相談しづらい皮膚トラブルの一つ…。胸は女性にとって大切なパーツだからこそ不安に感じてしまうものですよね。こちらでは乳首がかゆくなる原因や対処法についてご紹介したいと思います。

乳首がかゆい…!気になる原因について

乳首がかゆくなる原因として下記のようなものが挙げられます。

【乳首がかゆい…!気になる原因について】
<皮膚の乾燥>
空気が乾燥する冬の季節は顔だけでなく、乳首もカサカサに乾燥しやすくなります。お手入れをせずに放置していると乾燥が進み、更にかゆみが強くなると同時にひどい場合は乳首表面の皮が剥がれてしまう場合もあるそうです。

<ホルモンバランスの乱れ>
生理前になるとホルモンバランスが乱れ、胸の張りや痛みだけでなく人によっては乳首周辺にかゆみを感じることがあるそうです。

<カビ>
適度な湿度・温度を好むカビ胞子にとってブラジャーの中はまさに理想的な環境!そのため、サイズが合っていないものや化学繊維を原料とした通気性が悪いブラジャーを使用していると乳首〜胸周りにカビが大量に発生しやすくなります。

乳首がかゆい時におすすめのケア方法

乳首のかゆみと一言でいっても原因は様々。自分自身に当てはまる原因に合わせて適切なケアを実践していきましょう。

【乳首がかゆい時におすすめのケア方法】
<保湿ケアを強化>
乾燥が原因のかゆみには丁寧な保湿ケアが必要不可欠と言われています。刺激性が低い敏感肌用のボディクリームやオイルを使って優しく保湿するようにしてください。

<体の洗い方>
乳首は雑菌がつきやすい部分なので清潔にすることが大切なのですが、ゴシゴシこするように磨くと刺激が強すぎて必要以上に皮脂が落ちてしまう可能性があるそう。体を洗うときにおすすめなのは肌に優しい弱酸性の石鹸もしくはボディソープ。泡立てボールなどでしっかり泡立て、乳首はもちろん乳輪も弧を描くよう優しく洗うようにしましょう。

<下着類の見直し>
安価で購入できる下着の多くは吸水力や通気性が悪い化学繊維が配合されており、かゆみの原因の一つである「カビが」発生しやすくなります。デリケートな乳首を守るためにもできるだけ自然素材を使ったブラジャーを選ぶようにしましょう。

<規則正しい生活習慣>
かゆみの原因の一つであるホルモンバランスの乱れは生理前や妊娠中に限らず、ストレスの蓄積・偏食によって引き起こしやすいです。ストレスを溜めないよう自分に合った解消法を見つけることも大切ですし、食生活を見直してみて改善点がわかれば適切なメニューを自分なりに考案するようにしましょう。

乳首のかゆみをテーマにお届け致しました。健康的な美ボディを目指すためにも是非参考にしてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事