お酒を飲んだ翌朝の悪夢…パンパンのむくみ顔を予防する方法とは

お酒を飲んだ翌朝の悪夢…パンパンのむくみ顔を予防する方法とは

お酒をたくさん飲んだ次の日、鏡を見て呆然…むくんだ顔にびっくりしてしまうことはありませんか?お酒の飲み方によっては、次の日に顔や体がむくんでしまうことがあるようです。それを防ぐためにはどうしたらいいのか、いくつかの予防法をご紹介します。

むくみの原因はお酒だけじゃない?!

飲み会で飲み過ぎてしまった翌日、顔や脚がパンパンにむくんだ経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。次の日に仕事や人に会う予定が控えているのであれば、顔がむくんでしまうのは何としてでも避けたいところ。

そもそも、体がむくむメカニズムの過程は体中に張り巡らされている血管で起こります。血液は血管を巡りながら、細胞に酸素や栄養分を送り届ける役割を果たしています。ただし、血管や毛細血管が届かない所にある細胞には、血管から血液中の液体成分・血しょうが血管から染み出して酸素や栄養分を細胞に送り届けるのだそうです。その染み出したものが「細胞間液」と言われ、それが、むくみを引き起こす原因となってしまうのだとか。細胞間液は、本来であれば水や老廃物となって静脈やリンパ管を通って体外に排出されるようになっているのですが、静脈やリンパ管の流れが滞ってしまうとその排出がうまくいかずに水分や老廃物が皮膚の下に溜まったままになってしまうのだそう。これが、むくみの正体だと言われているのです。

お酒を飲むとむくみが起こりやすくなるのは、その利尿作用のせいなのだそうです。お酒を飲むとトイレに行きたくなり、体がさらに水分を求めるようになって、お酒や水などを飲む悪循環に陥ってしまうのだとか。さらに悪いことに、お酒には血管を拡張させる働きがあり、体内に入った水分が組織液として皮膚下に染み出しやすい状態を作り上げてしまうのだそうです。このようにお酒がむくみを引き起こしてしまう原因の一つでもありますが、きちんと水分が排出されないことによってむくみが取れにくくなってしまうんですね。

飲み会翌日のむくみ、少しでも軽減したい!

それでは、お酒を飲んだ次の日のむくみを少しでも予防するためには、どうしたらいいのでしょうか。いくつか予防方法をご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

【むくみの予防方法】
<飲み会前に水分補給>
アルコールの利尿作用は、アルコールを分解する際に体内で水が使われるからなのだそう。飲み会前にコップ1杯程度の水を飲んでおくことで、水分不足になるのを防ぐことができます。

<おつまみの塩分を抑える>
お酒に合うおつまみは、塩分が強めのものが多いですよね。塩分は水分を体内に溜めこむ性質を持っていて、むくみを促進してしまうのだそう。塩分は喉の渇きを促してお酒や水分の摂り過ぎにもつながってしまうので、塩分のきついおつまみはなるべく食べ過ぎないように意識しましょう。

<お酒の一気飲みはNG>
お酒を一度に多量に飲むとアルコールの分解に水分が多く使われてしまうので、その後の水分の摂り過ぎにつながってしまいます。飲み会が盛り上がるとついお酒が進んでしまいがちですが、お水などのチェイサーを飲みつつ飲みすぎを避けるようにしましょう。

<睡眠をしっかりとる>
飲み会から帰宅したら、6時間以上は睡眠を取ることをおすすめします。睡眠時間が短いと、水分の排出など体の回復が遅れてしまいむくみやすくなってしまうのだそう。楽しい飲み会も、ほどほどのところで切り上げて帰宅するようにしましょう。

いかがでしたか。今回は、簡単にできるむくみの予防法を中心にご紹介させていただきました。飲み会太りも心配ですが、むくみの予防にも気を配りたいですね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事