冬は肌が乾燥して化粧水がしみる…という方のスキンケア方法とは?

冬は肌が乾燥して化粧水がしみる…という方のスキンケア方法とは?

冬は寒い外の空気や、室内での暖房などで空気だけでなく肌も乾燥しやすい過酷な時期。特に顔がカサついているといつものスキンケアなのにヒリヒリしてしまう場合が…。冬になると急激に肌が乾燥するのが悩み、という方にお顔の乾燥肌対策をご紹介します。

肌がカサカサに乾燥して化粧水がしみる場合は?

急激な乾燥で、普段使っていて何の問題もなかった化粧水がいきなりヒリヒリしみてしまうという方もいるようです。化粧水がしみる原因は、角質が乱れていたり、化粧水に配合されているアルコール成分、乾燥ダメージなどが挙げられます。乾燥していると肌のバリア機能が低下気味で、化粧水が浸透していく瞬間に刺激を感じてしまうこともあるため、まずはアルコールフリーの低刺激な化粧水を使うといいでしょう。

アルコールフリーの化粧水を使っているのに肌がヒリヒリするなら、洗顔後に化粧水よりも先に乳液を馴染ませると刺激が和らぐ場合もあると言われています。それでもしみる方は、化粧水を使用せずに乳液と保湿クリームだけでスキンケアを済ませるのもOKですよ。

肌の乾燥には保湿クリームを味方に!

粉をふくようなカサついた肌をそのままにしておくと、どんどん乾燥がひどくなり、肌がつっぱってシワやたるみにつながってしまいます。そこでおすすめなのが保湿クリーム。

化粧水と乳液を馴染ませたあと保湿クリームを使いましょう。保湿クリームをつけすぎるとベタついてしまうため、気持ち大きめのパール1粒ほどの量を手のひらで温めて伸ばし、顔全体を包み込むように馴染ませたら、特に乾燥しやすい目元・口元・首との境目にも重ね塗りすることがポイントですよ。

また、乾燥肌の場合は乳液やクリームの油分で肌を保護するのではなく、セラミドなどの保湿成分がたっぷり含まれた乳液やクリームを選ぶことをおすすめします。

それだけでなく身体の中から乾燥対策をすることも欠かせません。特に肌の乾燥が気になる方におすすめな栄養素がたんぱく質・ミネラル・ビタミン類・亜鉛・鉄。食事だけでは毎日摂るのが難しいのであればサプリメントをうまく活用するといいでしょう。水分は1日2リットルを目安に一度に大量に飲まず、コップ1杯程度の常温のミネラルウォーターを小まめに分けて飲んでくださいね。

肌の乾燥をそのままにせずできることから対策を

冬は特に肌がカサついて辛い時期ですが、アルコールフリーの化粧水を使ったり、乳液とクリームを使って油分を補ったり、インナーケアにも力を入れることで次第に乾燥が和らいでいくはずです。乾燥を放置せずにできることから対策をしてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事