敏感肌さんのための、肌に負担をかけにくいファンデーションの付け方

敏感肌さんのための、肌に負担をかけにくいファンデーションの付け方

敏感肌さんの場合、ベースメイクをすると肌に負担がかかりそう…というイメージがありませんか?しかし、なにもつけないよりも、お肌に合ったファンデーションを選び、優しく丁寧につけていく方が、外部の刺激から守ってくれますよ。

敏感肌さんはファンデーションを使わない方がいい?

少しの刺激でも肌に負担がかかりやすい敏感肌さん。なるべく肌に負担をかけたくなくても、素肌のまま外出すると季節関係なく降り注ぐ紫外線や寒い外の空気など、外部の刺激を受けやすくなってしまいます。

敏感肌はファンデーションを使わない方がいい、とも言われていますが、 油分の少ないもの・保湿成分や美容成分が多く含まれているもの・クレンジング不要のもの、などを基準に選ぶとベースメイクをしても肌への負担を軽減できると言われています。

敏感肌さんはミネラルファンデーションがおすすめ!まずはパッチテストを

中でも敏感肌さんにおすすめなのが、肌に優しい成分でできているミネラルファンデーション。ただし、ミネラルファンデーションがどんなに肌に優しくても人によっては肌に合わないこともあります。特に敏感肌さんは、肌トラブルを引き起こさないためにも、初めて使うミネラルファンデーションならパッチテストを行ったり、試供品から使うことをおすすめします。

ミネラルファンデーションの場合、化粧下地を使わなくてもいいものが多いのですが、化粧下地を使わないと心配…という方はオイルフリーのもの、添加物が含まれていないもの、紫外線吸収剤が配合されていないものを選ぶといいでしょう。特に日焼け止めには紫外線を吸収することで肌への浸透を防ぐ、紫外線吸収剤が含まれているものが多く、敏感肌さんは注意が必要です。

ミネラルファンデーションを付ける際、摩擦の起きにくい柔らかいパフやブラシを使うといいと言われていますが、ここでポイントなのが「塗るのではなく優しくぽんぽんつけていくこと」。肌の上でパフやブラシを擦ると負担がかかるため、優しくぽんぽんと叩きながらファンデーションをつけていくことで肌への摩擦を防ぐことができますよ。顔の中心から外側に向かうように優しく広げていき、しっかりめにカバーしたいときはパフを、ナチュラルにしたいときにはブラシを使うのがおすすめです。

敏感肌さんは特にメイク道具を清潔に

肌に直接触れるパフやスポンジ、メイクブラシは皮脂や汚れが入り込んで雑菌が増殖しやすいため、週に1〜2回を目安に洗って清潔な状態を保ちましょう。使い過ぎたり、洗いすぎるとだんだんゴワゴワしてきて肌に負担をかけやすいので、新しいものを常備しておくといいですね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事