敏感肌さんがやっておきたい!ベースメイク前の最適な保湿ケアとは?

敏感肌さんがやっておきたい!ベースメイク前の最適な保湿ケアとは?

敏感肌さんはベースメイクをするとき、きちんと保湿できていないと崩れやすく、肌に刺激を与えて負担をかけてしまう場合があります。ベースメイクをする前の保湿ケアを念入りに行ってお肌をいたわってあげることから始めていきましょう。

敏感肌さんはベースメイク前に念入りな保湿を!

敏感肌さんの場合、肌に水分量が少なくしっとりとした保湿系タイプのファンデーションを使っても、時間が経つと乾燥してしまいがち。乾燥してカサついたままにしておくと、ファンデーションが粉を吹いたり、ヨレヨレになってしまう場合があるので、保湿力の高いファンデーションを使っているからと油断せず、スキンケアの段階で肌をたっぷり潤わせておきましょう。

メイク前にするべし!敏感肌さんの保湿ケアのポイント

敏感肌さんのベースメイク前に行う保湿ケアのポイントは、洗浄力がマイルドで保湿効果がある洗顔料を使い、丁寧な洗顔をしたら一刻も早くスキンケアに取り掛かること。敏感肌さんは特に乾燥しやすいため、化粧水→美容液→乳液→クリームの順にお手入れをしていくといいでしょう。この際、基礎化粧品はアルコールが含まれていないものや、刺激の少ない敏感肌用のものを使うといいですね。

できるだけコットンは使わずに、自分の手で顔全体を優しく包み込むように化粧水や美容液を馴染ませて、一つの工程ずつハンドプレスしながらしっかりと浸透させていきましょう。乳液の後のクリームは、乾燥が目立つ口元や目元も部分的につける程度でOKです。

もし肌の状態が良くなく、化粧水をつけるとヒリヒリする場合は、かなり肌のバリア機能が低下している可能性があるため、洗顔は洗顔料を使わずぬるま湯で洗い、化粧水は使わなくてもいいと言われています。洗顔後は肌へ浸透しにくく表面を保護してくれる白色ワセリンなどを手のひらで温めたあと肌に薄く伸ばすだけにしておきましょう。様子を見て肌の調子が良くなってきたら普通のスキンケアに戻していってくださいね。

ワセリンをベースメイク前に使う場合、そのまま下地やファンデーションをつけるとヨレやすくなるため、柔らかいティッシュで軽くワセリンの油分を押さえてからベースメイクに取り掛かると崩れにくくなります。

とても乾燥しやすい敏感肌さんならメイク前にオイルを

きちんと保湿ケアをしているのになんだか肌がカサつくな…という日は、肌馴染みのいいホホバオイルやアルガンオイル、スクラワンなどのオイルを1滴手のひらで伸ばして、顔を包み込むように馴染ませることをおすすめします。時間がないときにはリキッド系のファンデーションに美容オイルを1滴混ぜて使うのも効果的ですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事