あそこがかゆい時は病気?デリケートゾーン(陰部)のかゆみの原因とは?

あそこがかゆい時は病気?デリケートゾーン(陰部)のかゆみの原因とは?

おそらく、多くの女性が一度は経験しているデリケートゾーンのかゆみ。日常生活のちょっとしたことで誰にでも起こりやすい症状ですが、なかには病気が原因の場合もあります。考えられるかゆみの原因や対処法、さらに予防について知っておきましょう。

あそこがかゆくてつらい…デリケートゾーンのかゆみで考えられる原因は?

陰部は粘膜に近いことから「デリケートゾーン」とも呼ばれます。この部分の皮膚は、まさに非常に敏感でデリケート。いつも下着に覆われていて蒸れやすく、汗や汚れも溜まりやすい部分です。さらに赤みやかぶれなどの肌トラブルも招きやすく、細菌やウイルス、カビなども繁殖しやすいのです。

デリケートゾーンのかゆみの原因は、摩擦や蒸れと、感染による病気の大きく2つに分けられます。まずは病気以外の陰部のかゆみについて、おもな原因をみてみましょう。

下着の摩擦

下着によるこすれや蒸れ、それに汗などの刺激が加わって、かゆみを引き起こすことがあります。人によっては、化学繊維など下着の素材が肌に合わないことも、かゆみの原因になり得ます。

タイツやガードルなどの締めつけによる摩擦や蒸れ

ガードル、スパッツやタイツ、スキニージーンズなど、きつめのインナーやパンツは陰部を圧迫します。それによって摩擦や蒸れが生じると、かゆみが起こりやすくなります。

生理用品による摩擦や蒸れ、かぶれ

女性はとくに、生理時に使用するナプキンやタンポンの紐などが皮膚への刺激となり、かゆくなる人がいます。また、ナプキンが長時間皮膚にあたっていると、蒸れて雑菌も繁殖しやすくなります。これが皮膚に刺激を与えかゆみが生じやすい状態となり、悪化するとかぶれにもつながります。

おりものによる刺激

とくにおりものの量が増加する排卵日近くに、かゆみの症状がみられることがあります。おりものが付着している下着が皮膚に長く接触して、それが刺激となるのです。

体調不良などによる免疫力の低下

本来、膣には「自浄作用」があります。膣内は弱酸性に保たれており、雑菌や病原菌の侵入を防ぎ、また多少の菌が侵入しても繁殖を抑えられるのです。

ところが、身体の免疫力が低下しているときには自浄作用も低下します。風邪などで体調不良のときや、抗生物質やステロイド剤の内服中、ストレスや寝不足などで生活リズムが乱れているときなどは要注意です。いつもは悪さをしない皮膚の常在菌が、異常に繁殖して炎症が起こり、かゆみの症状を引き起こすことがあります。また、免疫力の低下は、デリケートゾーンのかゆみを引き起こすような病気の誘因にもなりやすいといえます。

そのほかの原因としては、ホルモンバランスの変化が挙げられます。月経の約1週間前や妊娠中などには、ホルモンバランスの変化にともない膣内環境にも変化が起こり、かゆみにつながることがあります。

あそこにひどいかゆみを感じたら病気の可能性はある? 

陰部のかゆみは日常生活のちょっとしたことで起こりやすいものですが、病気が潜んでいるかもしれませんので注意が必要です。

カンジダ性膣炎

カンジダ菌というカビの一種が原因で、膣に炎症が起こります。強いかゆみとともに、カッテージチーズや酒粕のようなポロポロとした白いおりものが多く出るのが特徴です。カンジダ菌はもともと陰部周辺の皮膚などに常在しています。健康なときには増殖しませんが、身体の免疫力が低下すると増殖します。

膣トリコモナス

トリコモナス原虫による感染症で、おもにセックスによって感染します。タオルやシーツ、便座やお風呂などからも感染する可能性があります。女性が感染すると、陰部の激しいかゆみや、黄色く泡立ったような、きつい臭いをともなうおりものがみられます。

クラミジア

クラミジア・トラコマティスという細菌による、女性がもっとも多く罹る性感染症です。おりものの多少の増加や下腹部の違和感などがみられる人もいます。ただし、多くは自覚症状に乏しく、放置していると子宮にも炎症を起こして、不妊の原因になります。

淋菌感染症

淋菌という細菌による性感染症です。女性の場合、感染してもはっきりとした症状が出ることは少なく、感染後数日経ってから、陰部のかゆみやおりものの増加がみられる程度です。感染したことに気づきにくく、慢性化しやすい病気です。

性器ヘルペス

性感染症などによって、単純ヘルペスウィルスに感染すると発症します。陰部のかゆみやヒリヒリした痛みが特徴で、小さな水泡ができ、それが破裂すると激しい痛みを生じて排尿も困難になることがあります。

毛ジラミ症

陰毛に寄生する毛ジラミによる感染症です。性行為で感染するほか、寝具の共用やプール、サウナ、温泉などでも感染する可能性があります。我慢できないほどの激しいかゆみをともないます。

病院へ行ったほうが良いケース

デリケートゾーンのかゆみは他の人に相談しづらく、受診をためらってしまう人も少なからずいると思います。ただし、お伝えしたとおり、なかには病気によるかゆみの場合もあります。病院を受診したほうがよいケースについて、目安となるポイントは次の3つです。

かゆみがつらい、早く治したいとき

かゆみの症状が強く出ていると、仕事や家事、勉強にも集中できません。良いパフォーマンスができないうえに、原因不明では気持ちも落ち着きません。そのようなときは受診して、的確に診断してもらいましょう。セルフケアをしても症状が改善されない、むしろ悪化しているという場合も、すみやかに受診しましょう。医師の判断のもと、症状に合った治療や薬の処方をしてもらえます。

おりものの状態がいつもと違うとき

おりものの様子や臭いなどがいつもと違うと感じたときは、何かの感染のサインかもしれません。原因によっては自然によくなる場合もありますが、一度診てもらうと安心ですし、症状に合った治療ですみやかに軽快することが多いものです。

性感染症が心配・不安なとき

「もしかして……?」と心当たりがあるときは受診をおすすめします。性感染症では、他にも症状のサインが出ていることが多いのですが、クラミジア感染のように症状が乏しい性感染症もあります。定期的に自分の身体をチェックするよい機会にもなりますので、婦人科を受診しましょう。

デリケートゾーンのかゆみの解決法や予防法

セルフケアによる解決法や、普段からできる予防法をご紹介します。

解決法

・市販の薬を使用する
日常生活でよく起こる、下着や衣類による圧迫や蒸れ、汗などによるかゆみや、生理用品によるちょっとしたかぶれなどであれば、炎症を抑える外陰部用の軟膏が有効な場合があります。最近では、一度カンジダ症と診断されたことがある人に限って使用できる市販薬もでています。再発してかゆみが生じたときなど、簡単に購入できて手軽ですが、受診をするより割高な傾向です。なお、市販薬を使用して1週間ほど経過してもよくならない、逆に悪化した、という場合は必ず受診しましょう。

予防法

・清潔に、でも洗いすぎに注意
陰部は粘膜もあって皮膚も薄く、大変デリケートな場所です。洗浄剤は皮膚と同じ弱酸性で、刺激が少なくやさしく洗えるものを選びましょう。ただし、洗浄剤でゴシゴシ洗いすぎるのは逆効果。泡でやさしく洗って、摩擦を防ぎましょう。シワのあいだや陰唇の裏側など、汚れの溜まりやすい箇所も忘れず丁寧に洗います。
また、洗浄剤による洗いすぎは、膣の自浄作用を低下させる原因になる可能性もあります。膣の中まで洗わず、洗浄剤の使用は一日1回にしましょう。
公共浴場やプール、サウナなど多くの人が利用する場所では、最後に出るときにシャワーでよく洗い流す習慣をつけましょう。

・刺激の少ない下着や衣類をチョイス
下着は通気性や吸湿性の良い、綿や絹100%の素材を選ぶとよいでしょう。できるだけ陰部を締めつけないような服装を心がけるのもよいですね。
また、生理用ナプキンやおりものシートはこまめに取り替えるようにしましょう。

・生活リズムを整えて疲れを溜めない
身体の抵抗力が落ちて免疫が低下したときに、皮膚の常在菌が悪さをすることもあるとお伝えしました。日頃からバランスのよい食生活を心がけ、睡眠をしっかりとりましょう。生活リズムを整えて、疲れを溜めないようにセルフコントロールすることも予防につながります。

・性感染症の予防はコンドーム
コンドームの正しい使用によって、性感染症を予防できます。ただし、オーラルセックスで口腔に感染することもありますので注意が必要です。性感染症に罹った場合は、パートナーと2人で治療を受けます。片方が未治療だと、性行為により再びピンポン感染してしまうからです。

まとめ

デリケートゾーンのかゆみの原因は、ちょっとした蒸れや摩擦、体調不良や膣内環境の変化による一時的な症状である場合が多いものです。セルフケアや再発予防に努めましょう。ただし、なかには病気のサインということも考えられますので、病院を受診する目安も参考にしてください。

執筆:青井 梨花(助産師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事