風邪を引きやすくなる!? 冬の「隠れ脱水」にご用心! 予防法は?

風邪を引きやすくなる!? 冬の「隠れ脱水」にご用心! 予防法は?

乾燥している冬は、気づかないうちに皮膚や呼気から蒸発する水分によって、1日あたり約 1リットルもの水分が失われているってご存じでした?

冬の「隠れ脱水」に注意!

他の季節に比べて湿度が低く空気が乾燥しやすい冬。気温が低いことから、夏よりも基礎代謝が上がるため、実は汗をかきやすいのです。

・暖房のきいた部屋
・人の熱気で蒸し暑い通勤電車の中
・階段の上り下りなどの ちょっとした運動て
・保温効果が高い冬の衣料

こうした環境で汗をかくにも関わらず、体感温度が低く、喉の渇きに気づきにくいことも。いつのまにか脱水状態になっているのが『隠れ脱水』です。

脱水状態になると、喉や気管、鼻の湿り気がなくなり、風邪をひきやすくなります。また、血栓もできやすく、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクも高まります。

「隠れ脱水」のままお風呂に浸かると…

”隠れ脱水”は、体内の水分が不足しているために血液がドロドロになり、体熱を放出できず、お風呂で熱中症を引き起こす恐れがあります。

また、浴室と浴室外での気温差が大きく急激な温度変化によって血圧が大きく変動することで起こる「ヒートショック」の心配も。

「浴室熱中症」と「ヒートショック」により交通事故死の約3倍にあたる 19,000人の方が年間亡くなっています。

「隠れ脱水」が招く入浴事故

研究(※)によれば、ミネラル入りむぎ茶を飲むと血圧が低くなる「血圧降下作用」の傾向が認められました。

この研究結果では、「収縮期血圧」(最高血圧)、「拡張期 血圧」(最低血圧)ともに低下。このことから、ミネラル入りむぎ茶を継続して飲用すると、血管が柔らかくなり、心臓の負担をかなり減少させていると考えられます。

血管が硬くなる動脈硬化のリスクの軽減をはじめ、心臓の様々なトラブルを減らす効果が期待できます。

また、血液通過時間が短縮される「血液サラサラ効果」の傾向も認められました。

つまり、ミネラル入りむぎ茶は血行を良くして、血管の詰まりを防ぐ働きも。血圧降下作用と同様に心臓への負担が軽減されたと言えるでしょう。入浴前に、ぜひ摂取してみてください。

(※株式会社伊藤園、赤穂化成株式会社及びノザキクリニックが実施した共同研究のこと)

 Profile
■監修/野崎 豊先生

ノザキクリニック院長
日本小児学会専門医/認定産業医/日本体育協会公認スポーツドクター/ 日本東洋医学会 代議員/漢方専門医/臨床内科医会専門医
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事